2015年07月27日

調布飛行場を訪ねて

春に、大田区から調布市の深大寺という所に引っ越したチェリパパ一家。

いままでこの辺に土地勘がなかったが、
とりあえず、調布といって連想するものは…。
飛行機好きのチェリパパは、まずは調布飛行場だ…。飛行機

というわけで、自転車でもすぐに行ける調布飛行場見学に行ってみた。


DSC_0685.JPG
調布飛行場は、第二次大戦の時、陸軍が作ったもので、当時からの門柱が今もなお残る。


DSC_0686.JPG



DSC_0690.JPG
飛行場の片隅に、「プロペラカフェ」という店がある。
来てみたら、何というか倉庫の一角にひっそりと隠れ家のように存在していた。外から見ると営業しているようには見えないぞ。目


ところが中に入ると意外と?お客さんが入っており、驚く。
DSC_0689.JPG
窓際の席から、飛行機の格納庫が見える。



DSC_0688.JPG
さらに滑走路側の窓際の席から、離着陸する飛行機がよく見える。
大島や三宅島へ行く小型プロペラ機や、個人所有のセスナ機まで、色々見れる。



DSC_0687.JPG
メニューも結構色々あって、限定10食のチキン竜田揚げバーガー900円も惹かれたが、ミラノ風チキンカツ900円を注文。食後のドリンクも付き、味もなかなか。悪くない。手(チョキ)



飛行機の離着陸前には、店内に、管制塔の交信の音声?(多分本物?)が流れたり、結構大きなフライトシミュレータのゲームが置いてあったり、飛行機グッズを売っていたり、このカフェ、飛行機好きにはなかなか楽しめる魅力的なスポットだと言えよう。Good


DSC_0691.JPG
カフェを出て暫く行くと、飛行場のターミナルビルが見えた。



DSC_0692.JPG
新中央航空という航空会社が、20人乗りのプロペラ機で運航している。



DSC_0695.JPG
さて、さらに暫く飛行場脇を北へすすむと、不思議な構造物が公園の中に見えてくる。目




DSC_0693.JPG
掩体壕(えんたいごう)といって、大戦末期味方機を敵の空襲から守るためコンクリートの防空壕をいくつも作った。
それが現代でもまだ残っているのである。



DSC_0694.JPG



DSC_0696.JPG
いまはもう飛行機は入っていない。
歴史的遺産なのでこういうのは次の世代に残した方がいいね。




DSC_0697.JPG
飛行場近くならではの面白い看板も発見。





ところで、私が飛行場見学に行った2日後、つまりこのブログを書いている今日、調布飛行場から飛び立ったセスナが住宅街に墜落して、大変な惨事となってしまった。
うちの近くでこんな事故が起きるなんて…。信じられない。
本当にショックだ。がく〜(落胆した顔)
ご遺族の方の心よりのご冥福をお祈りします。
もうやだ〜(悲しい顔)

ニックネーム cherry at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

八ヶ岳の旅 part2

2日目、あいにくの雨模様だが、せっかく山に来たのだからインドア的なレジャーではもったいないと、元気に白駒池散策に出発。雨
DSC_0599.JPG
車でぐんぐんと山を登り、麦草峠にある白駒池有料駐車場に到着。
ここから日本一標高が高い所にある湖、白駒池まで歩く。



DSC_0609.JPG
池までは苔に覆われた独特の雰囲気の緑濃い原生林の中を15〜20分ほど歩いていく。



DSC_0613.JPG
白駒池到着。標高2100メートルの神秘的な静かな湖。
しかしあいにくの天気で、屋根のある休憩所で何とかお弁当を食べる…。顔(チラッ)



DSC_0629.JPG
しかし天候にもひるまず、チェリパパ一家はレジャーを楽しむ。
湖を1周できる散策路があるみたいなので、行ってみよう。手(グー)



DSC_0633.JPG
この1周する散策路は、苔の森がとても美しく、子供にとってもちょっとした冒険気分を味わえる手軽なハイキングコースなので、ここはおすすめ。Good



DSC_0634.JPG


DSC_0640.JPG


DSC_0645.JPG
晴れてればなお良かったが、雨の中、苔むした誰もいない森の中を歩いたことだって、きっといい思い出になるはず。顔(笑)



DSC_0648.JPG
コテージへの帰り道、野辺山駅に立ち寄りパチリ。
ここは鉄道好きなら誰でも知ってる日本最高地点にある駅。標高1345メートルだ。

DSC_0649.JPG
出来れば列車に乗ってここまで来たかったなあ。電車






最終日3日目、この日もちょっと天気が怪しめだったので、降っても大丈夫なように、小淵沢のオオムラサキセンターという昆虫館に行く。
DSC_0662.JPG
生きているオオムラサキはなかなか見れるもんじゃないので、娘よりむしろチェリパパのテンションがあがる。グッド(上向き矢印)



IMG_20150718_235623.jpg
これが日本の国蝶に指定されている、オオムラサキ。
外のテラスで昼食中、私の所にオオムラサキが飛んできてすぐ近くにとまった。
ああ、ここらへんは本当に野生のオオムラサキが普通にいるんだなあ、と結構感激。顔(メロメロ)



IMG_20150718_235542.jpg
カブトムシとか色々な虫が見れて、意外と楽しめた。



帰りは初日に来て閉まっていた「べるが」キャンプ場の、露天風呂に入り、そのまま中央道にて帰宅。車(セダン)



今回も安くて楽しい旅を企画したチェリパパは、家族から感謝されたことは言うまでもないであろう(笑)。







DSC_0670.JPG
ちょっとー、私も忘れないでねー。犬(怒)
ニックネーム cherry at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

八ヶ岳の旅 part1

会社の福利厚生で、安く泊まれる所があるので利用してみようと思い、家族で出掛けてみた。



中央道を走り、山梨県の須玉インターで降りる。車(セダン)
初日は、キャンプ場だが川遊びもできて温泉も入れるという「べるが」という所に行ってみることにした。

が、着いたらなんと「本日休業」の文字。
ガーン。がく〜(落胆した顔)

仕方ないので、近くに川遊び出来る所があるか検索する。


DSC_0544.JPG
尾白川渓谷駐車場に到着。


DSC_0545.JPG
いい感じの渓谷美ではないか。
しかし、結構混んでいるぞ。


DSC_0557.JPG
途中、吊り橋を渡る。
何度も言うがチェリパパは高所恐怖症である。
ひぇ〜揺れる〜。顔(汗)



川の水はかなり冷たかった。
夏だけど、泳ぐにはちょっと冷たすぎるかも。
東京育ちのチェリパパにとって、渓流の水温が真夏でもこんなに冷たいんだというのが逆に新鮮な驚き。

魚とかはあまりいなかったが、オタマジャクシがたくさんいたので捕まえて遊んだ。

DSC_0555.JPG
ライフジャケットと浮き輪でフル装備だが、冷たすぎて泳がない子。
まあでも自然の中でお弁当食べたり、娘もそれなりに遊んで楽しんだ。



次に向かったのは、八ヶ岳のまきば公園。
雄大な景色が楽しめる牧場。
DSC_0586.JPG
気持ちのいい高原に、羊や牛が放牧されている。四葉


DSC_0585.JPG
犬を飼う人なら、ここをドッグランにして自由に走らせたら、さぞかし喜ぶだろうな…と考えるよね。


DSC_0568.JPG
羊たちがムシャムシャバリバリと草を一生懸命食べている。


IMG_20150718_102705.jpg
自由に触れるのだが、羊を怖がり近寄らない我が子。

ここのソフトクリームは美味しかった。




夕方になり、八ヶ岳のネオオリエンタルリゾートという所のコテージに宿泊。
DSC_0598.JPG
広い敷地にものすごい数の別荘が建っている。


DSC_0587.JPG
会社から補助金も出て格安で泊まれるのでなかなか良い。
自炊も出来て、お金が無い我が家にはぴったり。Good


続く手(パー)
ニックネーム cherry at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

別居後のチェリーさん

娘の小学校入学に伴い、春に引っ越したチェリパパ一家。

実家の父親とは、いままでは歩いていける距離だったからしょっちゅうチェリーを連れて行っていたが、今度は少し離れてしまうのでなかなか頻繁には会えなくなる。
それで父に懇願?され、実家にチェリーを置いていくことにした。
元々は父が犬を飼うと言って、飼い始めたチェリーだったので、実家の近く、同じ町内にチェリーを連れて引っ越した時も、寂しいからチェリーは置いていってくれと相当言われたのを、無理に?連れて行ったのだが…。
まあ今回は仕方ない。
なるべくチェリーと父の様子?を見に、私が実家に顔を出せばいいのだから。
残念だけどチェリーさんとは別居することにした。もうやだ〜(悲しい顔)


そんなわけで月に2、3回くらい、実家に通い、チェリーとの再会を楽しんでいる今日この頃である。



DSC_0492.JPG
オヤツをむさぼり食うチェリーさん、相変わらず元気でなによりです。


DSC_0522.JPG
しかし、チェリーも歳とともに以前に比べて走らなくなった。父のベッドに乗る時も、せーの、どっこいしょ!という感じで、前のようにひょいと軽やかにジャンプして乗る感じではなくなった。
まあもうすぐ9歳にもなると、こういうもんなのかな。



DSC_0524.JPG
そんなわけでチェリーブログ続けていきます。Hello


ニックネーム cherry at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

孤独のグルメ in阿佐ヶ谷

中央線方面で用事があり、ちょうど昼時になった。
それならば「孤独のグルメ」で紹介された阿佐ヶ谷のハワイ料理の店に行ってみようと思い、
DSC_0251.JPG
やってきました。
阿佐ヶ谷駅近くの「ヨーホーズカフェラナイ」。



DSC_0252.JPG
井の頭五郎さんも頼んだ「オックステールスープandライス」。
パクチーが美味しい、肉は柔らかくてコラーゲンもたっぷり。Good



IMG_20150114_143112.jpg
テール肉は小皿に取り醤油とたっぷりの生姜をつけて食べる。


DSC_0254.JPG
最後にスープにご飯を投入、醤油と生姜を入れておじや風に食べる。



IMG_20150114_143024.jpg
デザートはパイナップルシャーベット。
これで1150円也。美味しかった。わーい(嬉しい顔)
また行く機会があれば、五郎さんも食べてたガーリック枝豆とかモチコチキンとかガーリックシュリンプも頼んでみたい。



DSC_2129.JPGDSC_2099.JPG
チェリーは限られた日当たりスペースで昼寝。眠い(睡眠)
寝てるというより行き倒れで突っ伏してる感じだね。犬



DSC_0171.JPG
すぐに娘の遊び道具にされてしまう。
何か着させられて羊っぽくなりました。


DSC_0180.JPG
ボルゾイ風?



DSC_0182.JPG
今度はアフガンハウンド風?



DSC_0183.JPG
「ちょっと、誰か止める人はいないの?」
チェリーさん結構迷惑顔。犬(怒)



DSC_0178.JPG
何かよくわからんけどとりあえず暖かいからいいや、て感じで寝てしまいましたとさ。眠い(睡眠)



IMG_20150113_234529.jpg
二人コスプレ大会終了〜。カメラ




話は変わるが、チェリパパが昔好きだった漫画「マスターキートン」の「その後」を描いた続編がこのたび単行本になった。
続編の存在は、雑誌で不定期に載っているらしいとどこかで聞いて知っていたが、見たことはなかったので、この単行本が私は初見である。
DSC_0166.JPG
昔と変わらない黒い渋い表紙。以前もこのblogで書いたことがあるが、マスターキートンは私のバイブルとなった作品である。




DSC_0167.JPG
キートンさん登場〜。
お年を召しましたが変わらず元気そうでなにより。顔(笑)



DSC_0168.JPG
中学生〜高校生だった娘の百合子。
こんな大人の女性になって…。
何はともあれ感慨無量。顔(笑)


DSC_0169.JPG
変わらず父想いの娘と、娘想いの優しい父。
いいなあこのキートン親子。



IMG_20150113_135230.jpg
地中海のマルタ島でメソポタミアのお菓子を振る舞い、考古学の話に興じるキートンと百合子。
マスターキートンのこのアカデミックな世界観にシビレてしまうチェリパパなのである。



IMG_20150113_135030.jpg
仲の良い父と子。
うちもこういう父子を目指そうとよくわからない決意をするチェリパパであった…。わーい(嬉しい顔)Good
ニックネーム cherry at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

新年恒例凧上げ大会in多摩川

2015年も無事明けました〜。
今年も頑張ろう顔(笑)



チェリーさんは最近は娘の足の上にも来るようになった。
以前はあまりなかったのだが…。娘も大きくなってきたので、チェリーの方が甘えるようになったのだろうか。
感慨深いものがあるGood
DSC_0127.JPG




DSC_0137.JPG
チェリパパの膝の上にしがみつくように寝る。
チェリーが乗るとこちらも暖かいので良いよわーい(嬉しい顔)





話は変わるが、肉食系のチェリパパが前から気になってた店にようやく行ってみた。
DSC_0095.JPG
ステーキの立ち食い店「いきなりステーキ」。
最近急拡大して有名ですね。
1グラム5.5円のステーキを、400グラム注文。


DSC_0097.JPG
ジュ〜ジュ〜と美味しそうな肉が出てきました。
かなりボリューミーでちょっとひるむが、ガツガツいただこう。
確かに肉は美味しいしさっと入ってさっと食べれるお手軽な感じはいいけど、言うほどのお得感はないかな?まあ値段相応な店という感じ。
でも肉好きのチェリパパ的には悪くない。また行きたいと思う手(チョキ)




さて毎年正月恒例の凧上げ大会がやってまいりました。
手作り凧をあげ続けてはや3年目。
DSC_0157.JPG
今年はひつじ年なので、羊くんを描き足しました。
アート


DSC_0151.JPG
今年もよく上がった。良かった良かったClap



DSC_0148.JPG
多摩川では、凧上げをしていり人達が結構いた虹




DSC_0156.JPG
娘が幼稚園で作ったちっちゃい凧も上げてみる。
意外とちゃんと上がり娘も大喜び。



DSC_0159.JPG
2015年、使徒が襲来せず無事に良い年になりますように。(?)TVモバQ
ニックネーム cherry at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

広島往復2000円の旅

新しい格安航空会社の春秋航空で、片道1000円のキャンペーンをやっていた。目
これは乗らなきゃ損だと思いソッコー予約したよ。
そんなわけで広島往復2000円の日帰り旅が実現した。



DSC_0040.JPG
春秋航空(スプリングジャパン)は成田から出発。
広島までの航空券より、うちから成田空港までの交通費の方が高いって一体どうなってるのよ。顔(汗)



DSC_0041.JPG
座席は狭い。ジェットスターやピーチも乗ったが、体感的にはそれ以上の窮屈感がある感じ。
安いので我慢するけど。



DSC_0042.JPG
この日はあいにくの天気で、広島空港の霧の状況によっては成田に引き返すこともあります、と言われていたが、とりあえず無事到着。



DSC_0043.JPG
空港からバスで広島駅へ。
昼なのでやはりお好み焼きだなと思い、駅なかの「高砂」という店へ。Good



DSC_0044.JPG
広島駅から電車で宮島口へ。そこからフェリーで宮島に渡る。



DSC_0047.JPG
いきなり鹿さんがお出迎え。犬


DSC_0045.JPG
奈良の鹿は有名だけど、ここ宮島の鹿たちも人懐っこくてかわいい。


DSC_0050.JPG
お店の前に陣取り動かない鹿くん。誰も入れないじゃないか営業妨害になるぞ。わーい(嬉しい顔)


DSC_0049.JPG
でも鹿と人間が共存するなかなか素敵な街だなと変に感心した。



DSC_0054.JPG
鳥居が見えてきた。
最初は修学旅行で来たな。今回3度目だな。


DSC_0055.JPG
台風が来ても地震が来ても、源平の時代から変わらず海の上に建っている、その凄さ。


DSC_0059.JPG
では入場。


DSC_0061.JPG

DSC_0062.JPG
中国からの観光客とか、外国人もかなり多かった。


DSC_0063.JPG

DSC_0064.JPG

DSC_0065.JPG


DSC_0066.JPG
満潮時と干潮時ではまた雰囲気が違う。
世界遺産の名に相応しい名建築。



DSC_0067.JPG
宮島は紅葉も有名。
紅葉谷公園まで歩いてすぐ。


DSC_0070.JPG
散り始めて赤や黄色の絨毯のようで美しい。紅葉


DSC_0071.JPG
公園内に「岩惣」という古い雰囲気ある旅館がある。
こういうところに泊まりたい。


DSC_0072.JPG


DSC_0074.JPG


DSC_0076.JPG


DSC_0078.JPG
雨上がりの紅葉の森が、幻想的な夢の中の舞台のようだった。
手(チョキ)

DSC_0079.JPG



DSC_0081.JPG
参道には色々な店が並び、楽しい。
アナゴの練り天ゲット。美味いじゃけんの〜(←適当な広島弁)。


DSC_0082.JPG
広島来たらカキを食べないとな。焼き牡蛎うめえ〜。



DSC_0083.JPG
錦水別荘という旅館にて、入浴。
ここの風呂が凄い。
ご覧の通り本物の畳敷きの風呂。
しかも貸し切り状態。ラッキー。


DSC_0084.JPG
海を眺めながら畳の和室で湯に浸かってるかのような不思議なこの感覚。
来て良かった。


IMG_20141125_185740.jpg
広島空港で飛行機を待つ間、宮島口のアナゴの老舗「うえの」で買ったあなご飯弁当を食す。
「駅弁ひとり旅」という漫画でも紹介されていたここの弁当を食べたかった。
味は、甘味のある美味しいたれがご飯まで染みて、グッド。



例によって慌ただしい日帰り旅だが、安い航空券がもっとどんどんでればあちこち行けて楽しいので、LCC(格安航空会社)を応援しているチェリパパであった。
ニックネーム cherry at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

孤独のグルメ in蒲田

もう終わってしまったが、ちょっと前までテレ東で夜中に
「孤独のグルメ」というドラマがやっていた。
中年の男(松重豊)が、毎回色々な所で実在の飯屋に入り、ひたすら美味い美味いとモリモリ飯を食う、だけのドラマなのだが、これが実にリアル感があって何とも面白いのだ。
チェリパパは偶然観て以来、このドラマにハマり、出てくる店に行きたいな、と思っていた。

そんなわけで、紹介されていた蒲田のベトナム料理屋に行ってみた。
「孤独のグルメ」なので本当は独りで行くのが正しいのだが、今日は会社の同僚と一緒である。


DSC_0031.JPG
蒲田東口、「ティティ」という店。
ドラマで紹介されてなければ、なかなか入ってみようという気を起こさせない店構え(?)。



DSC_0033.JPG
まずはサイゴンビールを。ビール



DSC_0034.JPG
ベトナムといえば生春巻。
ドラマで井の頭五郎さんも頼んでいた。
濃厚な味噌だれでいただく。美味い。わーい(嬉しい顔)



DSC_0035.JPG
チャージョーという、魚風味の揚げ春巻き。
野菜にくるんで食べる。
香草大好き、ビールに合うね。顔(笑)



DSC_0036.JPG
肉入りお餅。
井の頭五郎も食べていた。
野菜もたっぷりだしベトナム料理ってヘルシーな感じで良いな。Good



DSC_0037.JPG
牛肉のレモングラス炒め。
これは井の頭五郎は注文していなかったので独断で頼んでみたが、実に美味い。正解。顔(メロメロ)



DSC_0038.JPG
ベトナムといえば、フォー。
あっさりした麺に野菜と魚介類たっぷりの優しい味。わーい(嬉しい顔)




DSC_0039.JPG
五目お粥。
これは作者のクスミさんが頼んでたが、なかなか味が濃い。
見た目より濃厚な感じで。これでビールも全然いける。
結構ハマるかも。わーい(嬉しい顔)


この店は外れがない。どれも美味しかった。
また行きたいと思う。手(チョキ)



DSC_0020.JPG
チェリーさんは相変わらず元気です。犬

(注)最近チェリーさんの登場が少ないですが、一応このブログは、チェリーブログです。ふらふら
ニックネーム cherry at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

チェリパパ一家 南へ 後編

3日目は、ウミガメと泳げる阿真ビーチを目指す。
朝早い方がウミガメがよく見れるとのことで、元気に歩いて出発。

DSC_0078.JPG
唐突に海沿いの道端に犬の像がある犬
映画「マリリンに逢いたい」で有名になったマリリンの像とのこと。


DSC_0079.JPG
対岸から泳いでくるシロを待っている像らしい。チェリパパは映画を見ていないからよくわからん。



しばらく歩き、ようやく阿真ビーチ到着。
本日残念ながら曇り。
DSC_0084.JPG
う〜む、風景的には古座間味ビーチの方が綺麗だな。
曇ってたせいもあると思うが、あれ?ここ瀬戸内海の島?という感じの景色サーチ(調べる)
瀬戸内海と違うのは、透明な青い海。


ここ阿真ビーチは誰でもウミガメが間近で見れるのだ。
シュノーケルセットをレンタルして泳いでみる。カメ

ところが海は広いので、そうそう簡単には亀と遭遇できない(←当たり前だろ)
亀を見つける方法は3つ。
1つは、亀は10分とか15分おきに必ず息継ぎで水面に顔を出しに来る。それを発見するために水面を注意してみていれば場所がわかる。
2つ目は、人に聞く! みんな亀を見に来ている人ばかりなので、亀のいた所を教えあっていた。
3つ目は、人が群がっているところに行く!
何人か集まって海中を見ていたら、そこはほぼ間違いなく亀さんがいらっしゃるだろう。

最初チェリパパはなかなか亀を発見できなかった。
息継ぎであがってきた亀を遠くに発見したのでその場所まで泳いでいくと...。

DSC_0103.JPG
いた!いきなり自分の真下にデカいの発見!カメ
正直、いきなり目の前に大きな亀が現れると、怖さを感じたよ。がく〜(落胆した顔)
海の中のデカい生き物って何かちょっと怖いじゃん。
この突然にすぐ近くに遭遇した時の何とも言えない緊張感、ドキドキ感は忘れられないぞ目



さらに違うところにも発見。
DSC_0106.JPG
海底の草みたいのを一生懸命かじっていた。
人間がかなり近づいても逃げない。
しかし触ったり驚かしたりするのはご法度だ。


DSC_0108.JPG
気持ちよさそうにゆったり悠然と泳ぐ亀をかなり長い時間見れた。
娘も喜んだし、あ〜座間味までわざわざ来て良かったなあと思った。わーい(嬉しい顔)


午後はチェリママと娘はまた前日のシュノーケルツアーに参加したいというので、二人で行ってもらい、チェリパパはのんびりビーチでくつろぐことにした。

DSC_0115.JPG
前日来てすっかり気に入った古座間味ビーチ。
海風に当たりながら散歩したり寝転んだりして過ごしたリゾート


DSC_0117.JPG
青い海と白い砂浜を眺めながらブルーハワイを食す。
実に贅沢なかき氷だな。Good




最終日4日目は高速船に乗り那覇に戻る。
飛行機までの空き時間に、牧志の公設市場に行く。
ここはだいぶ昔チェリパパが沖縄に来た時一番面白かったところだから家族を連れていきたかった。
DSC_0119.JPG
繁華街国際通りから、ちょっとディープな感じの商店街を通り抜けていくと、市場に着く。


DSC_0122.JPG
何とも言えない色合いのお魚さんたちが並ぶ。
東京ではありえない光景目

DSC_0121.JPG
エビとかカニは普通に生きてるし。


DSC_0123.JPG
...やっぱし沖縄の人はこいつら見て「美味しそうだな」と思うんでしょうね。そらそうでしょうね。がく〜(落胆した顔)


DSC_0124.JPG
那覇に行ったらこの公設市場見物は外せませんな。


DSC_0125.JPG
市場の二階は食堂がズラリと並び、ここで食べるのが楽しい。
アジアの屋台の雰囲気だ。
ラフティーも沖縄そばも美味しかった。
DSC_0126.JPG


DSC_0127.JPG
市場を出て歩くとサトウキビを剥いてジュースにしている店があった。私と娘の分も買うと、娘はあんまり好きじゃないとかいうから二杯飲むはめになった。顔(チラッ)
でも自然な感じで甘くて美味しかった。


そんな感じで楽しく遊んで、また東京に戻ってきた。
飛行機



DSC_0129.JPG
ほ〜
私の誕生日の時の写真は2枚で、沖縄の旅は32枚。。。犬
ふ〜ん...。
犬
ニックネーム cherry at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

チェリパパ一家 南へ 前編

夏も終わろうという頃、チェリパパ一家は、南の方に向けて出発した飛行機
おじいちゃま、留守の間チェリーをよろしく〜Hello
DSC_0007.JPG
2時間半の空の旅で、那覇空港到着〜虹




DSC_0008.JPG
那覇空港からモノレールで出発。


終点首里駅から徒歩10分ほどで、沖縄の古民家をレストランにした「あしびうなあ」という店に到着。
すごい人気店で、予約しといて良かったな。
DSC_0009.JPG
テラス席がいい感じ。


DSC_0010.JPG



DSC_0015.JPG
ソーキそば定食美味しかった。

しかーし、この日は飛行機が遅れたりして、時間的にかなりキツいスケジュールとなった。
なかなか運ばれて来ず焦るチェリパパ顔(汗)
あわてて食べて、またモノレールに乗り、那覇の泊港を目指すあせあせ(飛び散る汗)
本当はゆっくり周辺の散策もするつもりだったのだが…顔(チラッ)



泊港から、慶良間諸島の座間味行きの高速船に乗る。
この高速船。本当に高速で水しぶきをあげながらガンガン飛ばしていく船
1時間10分にかけて、座間味港到着。



DSC_0027.JPG
はるばる遠くへ来たもんだ晴れ


DSC_0028.JPG
3泊したシラハマアイランズリゾート。
ペンション風ホテル?素朴な島の宿。



2日目、海初心者のチェリパパ一家は、とりあえずインストラクター付きのシュノーケル体験ツアーに参加することにした。

シュノーケル初体験で泳ぎが苦手なチェリパパは最初ちょっとビビったが、すぐに慣れた。
座間味の美しい珊瑚や魚、それにウミガメも見れた。
娘も徐々に慣れて、海の風景を楽しんでいたので良かった。
しかし、チェリパパやはり海は苦手なので、若干船酔い気味でフラフラしていたが、何とか気合いで乗りきった…。
そんなわけで、写真何もなーし!顔(え〜ん)


シュノーケル体験は午前中までで、午後は家族で古座間味ビーチに行く。


DSC_0041.JPG

古座間味ビーチは座間味の中心的ビーチで美しい風景と珊瑚が見れる。


DSC_0039.JPG
黒っぽく見える部分が珊瑚礁で、魚がたくさんいる。



DSC_0038.JPG
海は透明で本当に綺麗。



DSC_0057.JPG
今度は自分達だけでシュノーケリング。
いるいるこんな浅瀬なのに魚が泳いでるよ。


DSC_0060.JPG
水族館の中に入り込んだような気持ち。


DSC_0062.JPG
ふわふわと波に揺らめきながら珊瑚と魚たちを見ていると、別世界に行ったような何とも言えない気分になる。


DSC_0074.JPG
これらの写真、携帯用の防水カバーに入れて撮ったもの。
簡易的なものだが何とか写ってくれて良かった。



DSC_0075.JPG
古座間味ビーチでたっぷり遊び、2日目終了わーい(嬉しい顔)


後編へ続く手(チョキ)
ニックネーム cherry at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする