2012年03月01日

また真っ白に覆われた東京

前々回に雪景色の写真をアップしたが、今回の雪はそれ以上に積もった。



cr627.bmp
白銀の世界雪





cr628.bmp
大雪だと何となくテンションあがるチェリパパ。会社が休みだからなおさら。
雪国の方には悪いが、真冬の豪雪地帯を旅するというのもいいなあ、と思ったりする。
でも基本的に寒いのは嫌いだから、実現の可能性は薄いであろう。







cr625.bmp
首を怪我したわけではありません。マフラーです。
犬仲間の方からいただきました。暖かそうGood







cr626.bmp
とても暖かそうな服着てやってきたイタグレのマイケルくん。
宇宙服みたいだねTシャツ









全く話は変わって、飛行機好きのチェリパパが、一つ後悔している事がある。
それは、コンコルドに一度でいいから乗りたかった、という事だ。
コンコルドは言わずと知れた超音速旅客機で(飛行機に何の興味も知識もないチェリママですらコンコルドは知っている、と言っていたほど)、
チェリパパは世界一カッコいい飛行機だと思っている。
残念ながら10年位前に運航終了となり、いまはもう見ることも乗ることも出来ない。
時代を先取りしすぎた悲劇の機種とでも言うか、オイルショック等の影響で商業的には失敗し、
開発国の英国航空とエールフランスのみで運航され、そして結局は利益を生まないまま、老朽化し退役してしまった。
前衛的すぎるスタイル、スピードを追求し過ぎたゆえに経済性や実用性が無視された機体。
まさに航空界の戦艦大和と呼ぶに相応しい・・・男のロマンを感じさせる飛行機なのである(?)。
子供の頃から憧れ続けたコンコルドは、もう乗ることは出来ない。
「時代のあだ花」として、飛行機好きのチェリパパの心の中では永久に飛び続けている、コンコルドの写真を貼り、その栄誉を称えたい。
Clap
concorde.bmp










ところでもう一つ、コンコルドの話が出たら旧ソ連のツポレフTU144の事を語らないわけにはいかない。
コンコルドそっくりの外見で「コンコルドスキー」などと言われた、
冷戦当時の「鉄のカーテン」の向こう側、ソ連の超音速旅客機だ。
こちらも商業的にはコンコルド以上の大失敗だったのだが、非常に興味深い飛行機だ。
tu144_3.jpg

コンコルドとの違いは、離着陸の時にコクピット横に小さい補助翼が飛び出て揚力を稼ぐ構造とのこと。
tu144_2.jpg
何だかちょっとカワイイ感じがする。犬みたいな・・・。顔(笑)


tu144.jpg
これが正面。細くて耳があって、まるでチェリーみたいな顔じゃん(笑)。




cr629.bmp
呼んだ?犬

ニックネーム cherry at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

チェリーは南へ

さて、チェリパパは今度は一体どこの南国に出没したのでしょーか。
cr594.bmp

cr595.bmp

ハワイ?グアム?虹










寒いのが嫌いなチェリパパは、少しでも暖かい所へ遊びに行きましょう、と思い、南へと車を走らせた車(セダン)



房総半島の端っこの、館山ファミリーパークに到着。
アクアライン経由で2時間で着いたので、思ったよりも近いという印象。



ドッグランもあり、芝生で清潔感のあるなかなか良いランだった。
cr596.bmp
平日のため、パーク内は閑散としており、ランもチェリー以外に犬影無し・・・。たらーっ(汗)
まあ予想はしていたが。混んでるよりはいい。
チェリママはボールを投げまくり、チェリーをへとへとになるまで走らせていた・・・。がく〜(落胆した顔)



cr597.bmp


cr598.bmp


cr599.bmp


cr600.bmp




cr613.bmp
パークは、決して広くはないが、小さい子供連れ&犬連れなら色々楽しめると思う。手(チョキ)






食事処は、残念ながら犬連れだと屋外のテラス席になるとのこと。
屋外はちょっと寒そうだから中で食べたいが、チェリーを独りだけ外につないでおくと、寂しくてキャンキャン鳴くのでは・・・もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、心配は杞憂だった。
ランで走りまくり、ゴハンも食べさせたあとだったので、疲れてたのか我々が室内で食事している間、
屋外のテラスで独りノンビリとくつろいでいた。犬
cr601.bmp






ここは日本一のポピーの花畑がある。
色とりどりの花が、風が吹くたびにフワフワと揺れて、なかなか壮観だった。
cr606.bmp

cr603.bmp





cr605.bmp
妻と娘が花摘みに興じている間、チェリーと花畑を散歩した。犬(笑)



cr602.bmp

cr604.bmp






妻と娘が、体験コーナーで額縁作りとか色々やりたいというので、
興味ないチェリパパはその間チェリーと海を散歩することにした。






チェリーにとって初めての海犬
cr607.bmp





貝殻に気をとられていると
cr608.bmp



波がきてびっくりするあせあせ(飛び散る汗)
cr609.bmp





cr610.bmp
房総の海は、波が高く荒涼とした感じで、ごうごうという波の音を聞きながらしばらく二人でぼうっとしていた。目犬






cr611.bmp
海はいいね。
広大な海原を眺めてるとなんだか気持ちがすっきりとしてくるから不思議だね。








cr612.bmp
体験コーナーに戻ると、海初体験でよほど疲れたのか、床にバタンキューと寝てしまった。眠い(睡眠)
一瞬死んだんじゃないかと思いましたよ。がく〜(落胆した顔)





館山はわりと手軽にいけて、気候も温暖で楽しめるリゾート地で、チェリパパは初めて行ったのだが気に入った。
また館山方面に行ってみようと思う。Good
ニックネーム cherry at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

雪化粧の街

夕べから降った雪が、我が町を白く蔽った雪

チェリーとともに街の様子を見に行こう。





cr588.bmp
いつもの公園も真っ白に雪化粧し、違う所のようだ。
誰かが作った雪だるまも雪




cr589.bmp





cr590.bmp
雪の上はチェリーも歩きづらそうだ





cr591.bmp
雪の上からでも匂いがわかるのかな犬(足)





cr592.bmp
僕もチェリーも転ばないよう慎重に犬





cr593.bmp
たまに雪が降ると、大人になっても何かワクワクしてしまうのは何故だろう。
見慣れた街並みが一夜にして雪景色となり、非日常の空間に一変する。
僕の知ってる街のもう一つの別の顔を見たかのようで、面白い顔(笑)

ニックネーム cherry at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

新年の下町散歩

さて問題です、新年早々チェリパパは一体どこに出没したのでしょーか鏡餅
cr579.bmp


















今年は神田明神にお参りに行ってみた。
神田明神は江戸の鎮守府だった由緒ある神社だ。
cr568.bmp
パワースポットでパワーをもらおう。


cr569.bmp
短い参道では色々な屋台が出ていて賑やかだった。



cr570.bmp
初詣客で人波に埋まる神田明神。
お参り後は甘酒を飲んで温まる。




cr571.bmp
お茶の水駅まで歩く途中に、湯島聖堂がある。
神田明神の賑わいと対照的に、粛然たる静謐な空間が広がっていた。




お茶の水から葛飾区の立石まで電車で行く電車


cr583.bmp
京成線で立石に到着。



何故わざわざ立石に来たのか?

漫画(こち亀)で、両さんが中川たちを立石の「呑んべ横丁」に連れて行く話がある。
そこはおそろしくレトロで不思議な空間であり、中川にして「ここは九龍城ですか!?がく〜(落胆した顔)」と言わしめる、すごい街並みなのだ。
両さんが「もうすぐ再開発でなくなるからよく見とけよ」と語っていたので、
古い街並みファンの私としては、是非一度見ておこうと思ったのである・・・サーチ(調べる)



さてどんな所かというと、

cr572.bmp
線路沿いの雑居ビルの入口みたいなところが、その「ラビリンス」の入口だった。
中は薄暗く、普通の人は入ってみようとは思わせない雰囲気であるがく〜(落胆した顔)




cr573.bmp
中を覗くと、正月だし昼間なので殆どシャッターは閉まっているので閑散としているが、
不思議と人の気配がするし、人通りもそこそこあるのだ。




cr577.bmp
ボロボロのトタン屋根に覆われたものすごく狭い路地の両側には、年代物の建物が隙間なく密集している。
飲み屋だから、昼間は当然閉まっている。




cr581.bmp
これは昭和というよりも、確かに九龍城と言った方が・・・(住民の方失礼)ふらふら

周辺住民の方の通り道にもなっているようで、写真を撮っているといきなり後ろから自転車にベルを鳴らされたりして焦る。
あまり堂々と撮っていると何か悪いし・・・顔(汗)
大阪天王寺の、ジャンジャン横丁で写真撮っていたら、
「ココで写真撮ったらあかんでゴラア!!」とコワいおじさんに怒られたのを思い出す・・。
もうやだ〜(悲しい顔)




cr574.bmp
ハートマークが目立つ店顔(メロメロ)
落ち着いて撮れなかったので、写真が全部ブレ気味・・・もうやだ〜(悲しい顔)




cr580.bmp
このレトロな看板。
昼なお薄暗い独特の空間は、何だか映画のセットみたいだが、人が住み日常が繰り広げられている普通の街なのである。




cr575.bmp
あっという間に通り過ぎて、ここは逆側の入口。
入ったら簡単には出てこれないような迷宮みたいな所を想像して行ったのだが、あまりの短さにちょっとショック。






cr582.bmp
逆側の入口付近。
このような味わいある古い街並みも、再開発によりどんどんと消されていくのは悲しい。
もうやだ〜(悲しい顔)





cr585.bmp
立石の仲見世商店街を歩く。
ここもアーケードになっていて、古い下町の商店街という感じだ。
色々な惣菜屋や飲み屋があったりして、なかなか面白い通りだった。







cr586.bmp
最後は、無料送迎バスに乗り、スーパー銭湯「古代の湯」に行くいい気分(温泉)
以前テレビで「ここは素晴らしい温泉」みたいに紹介されたのを思い出した。
設備はやや古いが、風呂は広々していて良い。
今日は男性半額デーだったが、それでもかなりすいていた。
下町にしては強気の金額設定だからか(半額になっても1,300円くらいした)。

お湯はかなり塩辛く、海水みたいだ。
イスラエルの死海みたいにプカプカ浮かぶかな、と思ったが、さすがにそれはなかったあせあせ(飛び散る汗)
最近はスーパー銭湯が流行っているから、色々な所に行ってみるのも楽しい。






ところでチェリーさんは
cr567.bmp
また今年もミルクくんに追いかけまわされていた。
うーむ人気者はつらい犬






cr587.bmp
ではまた今年もよろしくね!
Hello
ニックネーム cherry at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

メリークリスマス

キリスト生誕2011周年の日、みなさんいかがお過ごしでしょうかクリスマス



チェリパパはとにかく寒いのが苦手なので、春よ来い早く来いと願い過ごす日々である雪




ch567.bmp
チェリーは相変わらずムギちゃんと元気に遊ぶ犬(笑)




ch568.bmp
ダンディーなコート姿のミルクちゃんは、相変わらずチェリーの追っかけ。
いつもファンでいてくれて有難う!Good






ch569.bmp
イタグレ子犬のロアちゃんとも仲良し。





ch570.bmp
暖かそうな格好してるのは、イタグレのマイケル&ニコくんTシャツ





ch571.bmp
オヤツがもらえると思った時のみ統率がとれる、白服細犬軍団。
さっきまでのバラバラのマイペースさが、うそのよう。





ch572.bmp
来年もよろしくね。犬







余談だが、所用で祐天寺に行った折、鉄道マニアのカレー屋さんに入った。
ここは昔から知っていたが、今回初めて入店してみた。
中は、昔の駅名票やらSLのプレートやら、色々なものが飾られており圧倒される。
本物のSLの座席にすわり、注文すると、おもちゃの汽車に乗せられて目の前にカレーが運ばれてくる電車
小さい子供などは喜んでいるが、自分のところに来た汽車からカレーをとるのは、何かちょっと恥ずかしい。
店の主人が色々と鉄道の話をお客さんにしてくれる(店に来る客は、全て鉄道マニアという前提で営業しているようだ・・・)。
鉄道好きなお子様連れなら、足を運ぶ価値あり顔(メロメロ)
ch573.bmp
駅長さんの格好をした店主。


ch574.bmp
味は(以下略)Hello
ニックネーム cherry at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

鎌倉のドッグカフェ

先日鎌倉方面に用事があり、チェリーも連れて行った車(セダン)


北鎌倉になかなかいいドッグカフェがあると聞き、立ち寄ってみたレストラン


cr546.bmp
Cafe Poochという、こじんまりしているがアジアンテイストの内装の、落ち着いたお店だ。



cr544.bmp
ランチは1,300円で、イタリアン風味のバルサミコソースの豚肉と、
フレンチ風味のキノコのバタークリームソースの魚と、
素材感を生かした野菜の揚げ物など、どれもとても美味しかったわーい(嬉しい顔)
ここはかなりおススメGood



cr543.bmp
チェリーも大人しく待っていると



cr545.bmp
犬用クッキーがきました犬(笑)








今日は広場で、仲良しのムギちゃんちに迎えられたイタグレのパピーちゃん(ロアくん 3ヶ月)を初めて見た。

チェリーとムギちゃんは相変わらずガウガウと遊ぶが、その横で仲間に入りたいと様子を伺うヤギ
cr547.bmp




cr548.bmp

cr549.bmp
心配そうにムギちゃんを見守るロアくんヤギ





cr560.bmp

cr561.bmp




cr562.bmp
チェリーが遊ぼうと近寄ると、ちょっと怖がっているみたいだたらーっ(汗)




cr564.bmp
でもこんなに仲良しに犬(笑)ヤギ




cr563.bmp
ムギちゃんとお揃いの服で、とても可愛かったロアくん顔(笑)






cr565.bmp
ところで、チェリーはメジャーが嫌いで、メジャーを見ただけでハウスに入ったきり出てこないほどだ。
今日、梱包したりする白いひも(グルグル丸くなって売ってるやつ)を、スルスルっと引っ張り出したら、
チェリーはそれを見て逃げ出して、布団に隠れてしまった犬(泣)

やっぱり丸いものから長いものが出てくる、というのがチェリーにとっても恐怖のポイントらしい。
うちの犬だけか??顔(チラッ)









全く余談だが、近頃おぞましいCMを観た顔(汗)

トヨタのCMで、30歳ののび太という設定で、30歳のしずかちゃんやスネ夫も実写で登場する。
妻夫木ののび太や、小川直也のジャイアンはまあ悪くないよ。
しかしね、ドラえもんを観た時驚愕した。

なんで、なんでジャンレノがドラえもん?!
白いシャツに青い服着て、変な青い帽子かぶって、引き出しの中からジャンレノ登場?!

観た時、僕は思わず倒れそうになりましたよ顔(え〜ん)

これは、天国の藤本大先生も嘆いておられるのでは・・・もうやだ〜(悲しい顔)

一体何を考えているのでしょーか、トヨタもジャンレノさんも・・・。

ドラえもんで育ったドラえもん世代のチェリパパとしては、衝撃的な映像であり、そういうセンセーショナルな効果を狙ったのであれば、
とりあえずトヨタとしては大成功だということだろうかどんっ(衝撃)




cr566.bmp
「ねえそんなことより、ドラえもんの声はやっぱり大山のぶ代じゃなきゃ駄目だと思わない?犬
ニックネーム cherry at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

脱走すること風の如く

先日久しぶりに私が広場に連れて行った。

cr533.bmp
相変わらずミニピンミックスのムギちゃんと格闘して遊ぶ犬(笑)




cr534.bmp
抱きつく犬(笑)


cr535.bmp
「ブチュ犬(笑)黒ハート




cr536.bmp
楽しそうに遊びました。




cr537.bmp
・・・・例によってヨークシャーのミルクちゃんに追われる。




この日、広場で遊んでいると外を柴犬が通りかかり、チェリーはその子に反応して、すき間から脱走してしまったがく〜(落胆した顔)
まずいと思い(柴犬にケンカ売ったりしてもやられるのはチェリーだから)、
大慌てであとを追うが、ウィペットの脚に追いつくわけがない。
かなり焦ったが、何かよくわからないけど、とりあえず何事もなかったように走ってまた私の所に戻ってきた。
やれやれ、危ないふらふら
飼い主も気が抜けない。
気をつけて見てないといけないねたらーっ(汗)






いつもよく行く自由が丘「いいカフェ」に初めてチェリーを連れて行く。
cr538.bmp
オヤツを出すと、すごい集中力目




cr539.bmp
オヤツを食べる。
こいつは床が硬いと座らないので、どっか行く時は、敷物が必需品だ。





cr540.bmp
「いいカフェ」スタッフの皆様にも可愛がってもらいました。
良かったねわーい(嬉しい顔)





おまけ
cr541.bmp
娘がボールを投げて、とっておいで〜 と言うも、全く無反応のチェリー姉さん。
ニックネーム cherry at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

飼い犬に似ず足が遅かった飼い主(泣)

すっかり秋になった今日この頃
cr524.bmp
何故かチェリーさんは頭にどんぐりを乗せてお散歩犬(笑)




cr525.bmp
暖かい羽毛を出したら、何者かがもぐっているぞ。




cr526.bmp
やっぱりチェリーさんでした犬





cr527.bmp
多摩川河川敷にお散歩
色々な犬達がいて、最初はちょっと緊張気味。
でもお友達のウィペットのジョジョくん&スーちゃんが来てくれたので、クルクルと何回転も喜びの舞犬(笑)





cr528.bmp
ジョジョくんもゴロゴロと楽しそうるんるん




cr529.bmp
・・・・ブレイクダンスか何かですか・・?




cr530.bmp
白いウィペットで、マハロちゃんとのこと。
白いからチェリーとそっくりだね。




夏が好きなチェリパパとしては、秋風が吹く頃はちょっと寂しさを感じるね紅葉






さて、先日娘を連れてディズニーランドに行った。
cr531.bmp

チェリパパはテーマパークというものにあまり興味がないので、ディズニーに行ったのは実に15年ぶりぐらいだ。
そして夜のパレードを見たのは今回が初めてだった(恥)。
なかなか良かったので、また行きたいと思うGood

しかしながら、平日に行ったにもかかわらず、大勢の人でごった返し、アトラクションは長蛇の列。
たかがネズミのテーマパークというだけで(ファンの方失礼)、何でこうも集客できるのか。
何がそんなに人々を惹きつけるのか。
あのネズミが可愛いからなのか??
僕はむしろ最近出来た藤子不二雄ミュージアムには早く行ってみたいのだが・・・顔(メロメロ)

数々のアトラクションよりも、この不況知らずのテーマパークの商法に、心を奪われたチェリパパだった・・目





話は変わって、昨日娘の運動会に出た。
親の徒競走で、一緒に走る5人の面子をみて、「あ、これは俺が一等だわ」と思った顔(イヒヒ)
だって僕以外の3人はお母さんで、残る1人のお父さんはかなりメタボ気味の方。
しかし、いざ蓋を開けてみれば・・・
まさかの3位!!がく〜(落胆した顔)
1位と2位は若いお母さん!女の人に負けた。くやしい〜〜ふらふら
自分の走るイメージに、現実の身体の動作が全くついていっていない感じで・・。情けない。
もう40近いこの歳には、勝てませんな。
今日は筋肉痛と屈辱感で、一日寝込んでいたチェリパパであった眠い(睡眠)





cr532.bmp
「私が走りをレクチャーしましょうか?犬(笑)
ニックネーム cherry at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

「雨は降る降る 人馬は濡れる 越すに越されぬ田原坂」を簡単に越す

旅3日目は、島津家の磯庭園(仙巖園)からスタート。


kg58.bmp
鹿児島中心部には気持ちの良い公園もあった。
コンビニでサンドイッチなど買ってきて公園で朝食。




仙巖園は薩摩の島津の殿様が作った桜島と海を望む庭園で、日本庭園に中国や琉球のテイストを加えた面白い作りだ。

入ると鎧兜が出迎え
kg60.bmp



kg62.bmp
正門




kg63.bmp




kg61.bmp
大砲も展示





kg65.bmp
桜島を正面に見る素晴らしいロケーション




kg64.bmp
御殿内は、案内の人が付き解説してくれる。
最後抹茶とお菓子をいただく。

ただ、案内とお菓子がついても、見学料1,500円というのは少々高い気が・・・。




仙巖園を後にし、バスで鹿児島中央駅へ



九州新幹線で熊本に向かう新幹線



kg66.bmp
鹿児島黒豚弁当を食べつつ出発



平日だったのでかなり空いていた。


鹿児島熊本間は、はっきりいってトンネルだらけで、景色を楽しむという感じではない。
冗談抜きで8割はトンネルだった。スピードの速い地下鉄に乗っている感じであった。
チェリパパは鉄道好きだけど、新幹線というものにはあまり愛着が湧かない。




熊本到着
kg67.bmp
愛嬌のある顔はJR九州の車両のつばめ号

kg68.bmp
こちらが乗ってきた方の、JR西日本のさくら号



熊本駅から快速列車で木葉(このは)駅に行く。



木葉から、今回の旅のもう一つのメインとも言うべき「田原坂」まで歩いていく。
田原坂は日本最後にして最大の内戦である西南戦争の激戦地だったところだ。
西南戦争は明治時代に政府軍と薩摩(西郷)軍の間で、主に熊本県が戦場となった。
ハリウッド映画でトムクルーズ主演の「ザ・ラストサムライ」という映画があったが、
あれは西南戦争と西郷隆盛をモチーフに描かれているのは明白だ。


去年の九州の旅で、電車の車窓から「田原坂」と書いてある山を見て、どうしてもどうしても行きたくて、今回の旅に組み入れた。


ただ田原坂自体はそれほどメジャーな観光地ではないので、交通も不便だし、
木葉駅から暑い中歩いていったのだが、看板なども無く、途中のコンビニで道を聞いても「よく知らない」と言われびっくりしたし・・。




kg69.bmp
木葉から歩いていくと、石造りの古い橋が見えてきた。
豊岡眼鏡橋といい、官軍がここを拠点に田原坂を攻めた。

kg70.bmp




いよいよ田原坂にさしかかる。
kg71.bmp




kg72.bmp
田原坂入口付近。「魔のカーブ」の看板が、これから登る「魔の坂」を予感させて緊張が走る顔(汗)





kg73.bmp
田原坂一の坂。一の坂から三の坂まであるが、一の坂が一番急であった。



kg74.bmp
加藤清正が、防御のため、幹線道路をあえて曲がりくねった見通しの悪い坂道であるここのみに通し、
道を掘り下げて両側の土塁から挟み撃ちできる構造にした。
鉄壁の防御を誇る街道だったのである。




kg75.bmp
うっそうとした木々に挟まれ、いまでも薩摩兵が息をひそめてこちらをうかがっているような、
ただの坂道ではない何か危うい雰囲気が漂っていた。





kg76.bmp
二の坂




kg77.bmp
さらに登り、三の坂




kg78.bmp
三の坂は一番平坦で短いが、ここを薩摩は要塞化し、政府軍は三の坂で歯が立たなかったという。






kg79.bmp
登りきると、馬上の美少年像があった。





kg80.bmp





kg81.bmp
頂上より三の坂を望む。いまは平和な風景だが、かつて20日以上戦闘が続き、
政府軍は一日32万発という銃撃を行い、ようやくここを突破することができた。




kg82.bmp
弾痕の家
壮絶な撃ち合いだったため、空中で弾と弾がぶつかりめり込んだ「空中かち合い弾」が多数見つかったという。
それほどの大激戦だったということだ。


この田原坂攻防戦と、熊本城包囲戦で敗れた薩摩軍は、転落していったのである。








歩くのはしんどいので、タクシーで木葉駅に戻り、電車で熊本駅へ

そこから空港バスで熊本空港まで向かうバス

この1年で熊本・鹿児島・長崎と行ったが、都市の規模としては、
熊本>鹿児島>長崎だろう。
熊本は中心部の賑わいが目に見えて一番大きいと思う。




kg83.bmp
熊本空港からスカイネットアジア航空で羽田まで




kg84.bmp
機内で、熊本駅で買った「鮎屋三代弁当」を食す。
九州の駅弁ランキングで1位を獲得した有名な弁当で、鮎は丸ごと全部食べれるくらいやわらかく煮込んであった。




kg85.bmp
雲がなかったので、日本上空から夜景を堪能できた。
これは大阪の夜景。


ところで、チェリパパは、空港の夜景というのは幻想的で最も美しい風景ではないだろうかと思っている・・顔(メロメロ)








kg86.bmp
犬(怒)チェリーブログなのかチェリパパの旅ブログなのか最近わかんないんですけど犬(怒)
ニックネーム cherry at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

「いぶたま」に乗り、噴煙立ちのぼる桜島を観ながら鹿児島へ

午後に山川から指宿まで1駅乗り、そこから「指宿のたまて箱」号に乗る。


kg38.bmp

kg39.bmp
以前にも書いたが、JR九州の列車はセンスが良い。カッコいい列車が多いと思う。



kg40.bmp
指宿は砂蒸で知られる温泉地。ここから「指宿のたまて箱」号に乗り込む。



kg57.bmp
きた、この黒と白に色分けされた不思議な列車が「指宿のたまて箱」だ。
まるで手塚治虫の「ブラックジャック」みたい。目




kg41.bmp
この車両のセンス、前にもブログで紹介した九州肥薩線の「しんぺい号」や、富士急の「富士登山電車」と一緒だね。
そう、この列車も同じく水戸岡鋭治デザインなのだ。



kg54.bmp
駅に着きドアが開くと、ドアの上から煙(ミスト)が出る。
指宿の浦島太郎伝説にちなみ、玉手箱をイメージしたんだって。
しかし正直ちょっとしょぼく、見て笑ってしまった。顔(イヒヒ)




kg42.bmp
指宿のたまて箱、略して「いぶたま」号だって。
恥ずかしげもなく車両に「IBUTAMA」とドーンと書いてしまうのが、水戸岡氏の紙一重の天才的センスといえるだろう。
がく〜(落胆した顔)



kg43.bmp
内装は落ち着いた木目調。




kg44.bmp
水戸岡ワールド全開の内装。




kg55.bmp
海沿いを鹿児島まで走る。
だんだんと桜島が見えてきた。





鹿児島に到着。


kg56.bmp
鹿児島中心部の天文館はとても賑わっていた。





kg45.bmp
城山からの眺め。
桜島と市街地がよく見えた。
最も鹿児島らしい風景と言えよう。





kg46.bmp
城山の展望台から、山を下っていくと、途中にある西郷隆盛洞窟跡。
西南戦争で政府軍に包囲された西郷は、ここに隠れていたんだって。




kg47.bmp
さらに山を下ると、西郷隆盛終焉の地がある。
ここで西郷は没し、西南戦争は終結した。





kg48.bmp

kg59.bmp
鹿児島城跡。西南戦争最後の戦場。




kg49.bmp
街中に「西南戦争の銃弾跡」があった。
こういうのを保存しておいてくれてるのが良いね。




kg50.bmp
西郷の創った私学校跡地。銃弾跡がたくさんあった。





kg51.bmp
西郷さん。
上野のと違って、軍服を着てちょっと凛々しい感じだ。




最初鹿児島ではラーメンを食べようかと思っていたが、九州出身の同僚が
「鹿児島はラーメンは大したことないですよ、やっぱ鹿児島といえば黒豚、さつまあげ・・・」と語っていたし、
タクシーの運転手さんも「鹿児島きてラーメンだけじゃちょっと勿体無いね。鹿児島で美味しいのは豚肉と牛肉だね、あとは魚」
と言っていた。
そんなわけで、夜は鹿児島の黒毛和牛のステーキを食してみた。
やはり美味しかった。わーい(嬉しい顔)
kg52.bmp



鹿児島市内ホテルに泊まり、明日は新幹線で北上。


《続く》
ニックネーム cherry at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

砂に埋もれた後、日本最高峰の露天風呂でゲンゴロウと混浴する

この日は指宿枕崎線に乗り出発
kg53.bmp
指宿から枕崎までは1日数本しかないようなローカル線だ。



薩摩半島南端を1両のディーゼルカーがゴトゴト走る。
kg20.bmp

線路は草ぼうぼう、両脇に伸びた木が車両に当たり、バキバキと音がする。

kg21.bmp
開聞岳が見えてくる。

kg22.bmp

kg23.bmp

kg24.bmp
薩摩富士とも呼ばれる開聞岳は非常に美しい山で、この路線は開聞岳のすぐ脇を走る。
ハワイなどの南の島にでもやってきたかのような風景。



西大山駅に到着。
kg25.bmp
鉄道好きなら知らぬ者がいない有名な日本最南端の駅。
とうとうこんな最果ての駅までやってきたわーい(嬉しい顔)
南国のジリジリと照りつける太陽と青空と美しい開聞岳。実にいい駅だね。



kg26.bmp
幸せの黄色いポスト。



kg27.bmp




kg28.bmp
1日数本しか列車がこない無人駅だが、列車到着に合わせて観光客が車で大勢来ていた。
カメラ構えた人がホームで7〜8人もいたもんだから、降りる時はちょっとびっくりした目





西大山からまた乗り込み、山川駅に向かう。




kg29.bmp
山川到着。ここからバスで砂蒸温泉に。




「ヘルシーランド入口」で降り、山川砂蒸温泉「砂湯里」に向かう。

kg30.bmp
岩山とソテツの木が、一瞬「ここは一体どこだ、ハワイか?」と思わせる虹




kg31.bmp
砂浜の入口近くでは、温泉の噴煙がもうもうと立ち込めていた。
すごい熱気で一瞬ひるむがく〜(落胆した顔)




kg32.bmp

kg33.bmp

美しい風景だが、何度も言うけどダイヤモンドヘッドとワイキキビーチではありません、ここは鹿児島県です。





砂蒸は指宿温泉のが有名だけど、ここ山川の海岸でも入れる。

裸の上に浴衣を着て、砂浜に横たわり、砂をかけてもらう。

kg34.bmp
最初は砂が重いだけで、大して熱くない。
ところが10分も経つとお尻と足がかなり熱くなってくる。
頭から汗がダラダラと流れるようになる。
15分で終了、起き上がると顔からボタボタと汗が落ちる。
身体の中からスッキリとした感じでとても気持ちがいい。これはいい顔(笑)





砂蒸のあと、すぐ脇にあるヘルシーランド露天風呂に入る。


ここがまた素晴らしい露天風呂で、開聞岳と海が一望できる。
kg35.bmp
僕が知っている限りでは最高峰の露天風呂Good


kg37.bmp
湯船に浸かると、目線が海と一体化して海に入っているかのような風呂。すごい。

kg36.bmp
竹山という不思議な岩山もよく見える。


とにかく素晴らしい風呂で感動したいい気分(温泉)

気をつけなくてはならないのは、木曜日定休で、しかも奇数日と偶数日で男女を入れ替えるので、
例えばカップルで行くと、一方は景色の良いこちらの風呂でもう一方はやや景色の劣る方の風呂になってしまう事だ。

あと、驚いたのは、風呂にゲンゴロウが泳いでいたことだがく〜(落胆した顔)
ゲンゴロウってあの水生昆虫のゲンゴロウですよ。
複数確認したので、間違って一匹だけ紛れ込んじゃったというのではなく、確かに生息しているようだった。
しかし、普通は熱い温泉の中に虫など生きられないと思うが・・。
ゲンゴロウは小さく1〜2センチほどしかなかったので、気づかない人も多いと思うが、しかしびっくりした。
食べ物(ゲンゴロウは死んだ魚等を食べる)も無いと思うし、どうやって生きているのだろう・・・。




ここからまた列車で鹿児島へ向かう

《続く》
ニックネーム cherry at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

南国の青空の下、訪れる人誰もが涙するという博物館へ

今回のチェリパパは、去年に引き続きまた鹿児島に出没していた。

家族旅行で、チェリパパとチェリママたちのスケジュールがどうにも合わず、結局チェリパパ1人で九州に遊びに来てしまったのだった。





早朝の便で出発
kg01.bmp
今回JALのMD90という機種に乗りたくてこの便を選んだ。
MD90は今日本を飛んでいる機種で最も好きな飛行機だ。
昔のダグラスDC9という機種の進化版で、エンジンが機体後部に付いており、
水平尾翼が垂直尾翼に直接付いているというタイプである。
細い機体にやや後ろ寄りに付いた主翼がとてもスマートで、個人的に美しい形だと思っている。
しかしこの機種も退役がすすんでおり、今のうちにまた乗っておこう・・と思った次第だ。
まあ飛行機に興味ない人にとっては、どうでもいい話題だろう・・・。

ちなみにチェリパパは飛行機に乗る時は100%窓際を選ぶ。
通路側がいいという人や、ましてやせっかくの窓側で寝ていたりする人をみると、本当に勿体無いなあと思う。
空中からの素晴らしい景色が見えるのと見えないのとで、同じ料金設定というのは、
正直おかしいのではないのか、とすら思ってしまうのだが・・。
飛行機





鹿児島空港からバスで鹿児島中央駅に到着。バス
しかし、空港から市内まで1,200円は、ちょっと高いなと思った。
kg02.bmp
何故か観覧車が乗っかっている鹿児島中央駅。




バスまで少し時間があったので、駅周辺を散歩。
kg03.bmp
大久保利通像。



kg04.bmp
西郷生誕の地。



このあたり加治屋町というのは鹿児島中央駅近くにある小さな町名だが、この町がすごいのだ。
明治の偉人を多数輩出している町で、
西郷隆盛・大久保利通・大山巌・東郷平八郎・黒田清隆・山本権兵衛などそうそうたるメンバーだ。
明治の近代日本は薩摩と長州が作ったようなものだが、
その顔ぶれが、みんな町内の近所の仲間や友人だった・・・というのがすごい。目






鹿児島中央駅から知覧までバスで出発。
1時間以上かかり、到着。

知覧といえばお茶が有名だが、武家屋敷が残り特攻隊の基地となった所としても有名。


kg05.bmp
バスを降りると、街中に水路があり、とても大きなコイがうじゃうじゃ泳いでいた。魚





知覧の武家屋敷を歩く。
kg06.bmp
石垣と生垣が独特の雰囲気の街。
静かで落ち着いた風情が良い。



kg07.bmp
お昼は武家屋敷の食事処で、とんこつ定食を注文。
とんこつはまあまあだった。アツアツのさつま揚げと、サツマイモが甘くて美味しかった。


kg08.bmp

kg09.bmp

kg10.bmp

kg11.bmp
緑が多く美しい街並みだ。沖縄っぽい感じもする。
青い空と太陽が、南国へ来たな〜と実感させる。


kg12.bmp
武家屋敷の庭園。
生垣の緑とともに、よく手入れがされている。



kg13.bmp



kg14.bmp
武家屋敷街によくある重厚なちょっと暗めの街並みではなく、南国らしい佇まいの、明るく気持ちの良い風景だった。






次はこの旅のメインの一つ、特攻平和会館に向かう。
知覧は特攻隊の基地だった所として有名で、ドラマや映画の舞台にもなった。
この博物館は昔から是非来てみたかった。

kg15.bmp
途中にある、富屋食堂跡。特攻隊員に母として慕われた鳥浜トメさんの食堂が、いまは資料館になっている。





kg16.bmp
特攻平和会館に到着。
多くの英霊を慰めるための石灯籠がここ周辺の道路に無数に建てられており、独特の雰囲気。




kg17.bmp
館内は、当時使われた戦闘機や遺品が非常に多く展示されており、それなりの時間をかけて見たい場所だ。
隊員の遺書は一つ一つじっくり読みたい。
明日死ぬという若者がどんな心境で親や妻に手紙をしたためたのか。
そして、非常に達筆で立派な内容に感心すると、まだ10代の若者だったりして驚く。
でもまだ子供っぽさもあったりして、お母さんへの無邪気な心や、純粋無垢な心もまた痛々しく思えたりする。
仲間が書いた寄せ書きや、漫画などもあったりと、現代の若者と同じだなあと思った。
読んでいてつらかったのは、我が子に宛てた手紙だね。
僕も父親になったので、幼い我が子の成長を見ずして死ぬというのがどれほど無念か分かる。
妻子ある者の遺書は涙なしでは見られない。

多くの人が訪れていたが、みな涙ぐんで見ていた。若い女の子たちもみな泣いていた。

ここは、日本人なら絶対に行かなくてはならない場所だ。





知覧を後にして、枕崎に向かう。バス
お茶畑の中を走り、薩摩半島の南端の枕崎に到着。



枕崎なぎさ温泉という日帰り温泉に入る。いい気分(温泉)
360円という安さで海を目の前にした絶景を楽しめる。
お湯はかなりぬるめで、自然の中の風呂なのでちょっと虫や葉っぱが浮かんでいたりするが、そこは景色の良さでカバー。
kg19.jpg




枕崎といえばカツオが有名。魚
ならばカツオを食べなきゃと、夜はカツオのびんた定食。
kg18.bmp
「びんた」というのは頭の意味で、カツオの頭がどーんと出てきた。
すごいボリュームだった。
びんたは脂が乗っていてとても美味しかった。(量が多く最後の方はやや脂っこく感じたが・・・)
カツオのたたきは、いままで食べたたたきの中で一番美味しかった。
東京から来たといったらツブ貝とかサービスで出してくれて、満足の夕食だった。
顔(笑)




この日は枕崎のビジネスホテルにチェックイン
《続く》
ニックネーム cherry at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

チェリー もう5歳に

8月27日で、チェリーは5歳を迎えました。
早いもので我が家に犬がきてから早や5年・・・。

その間色々ありました。

うちに子供が産まれてチェリーもお姉さんになったし。
チェリーはますます「置き物化」がすすみ、今では散歩と食事以外、一日の大半ずっーと寝続けている犬

ウィペットは本当に飼うには楽な犬だ。
全く気を使わないで済むから顔(笑)



暑い夏でも羽毛布団が好き
cr520.bmp





ちょっと冷房が涼しいと感じると、布団にもぐり込んで寝ている。
cr521.bmp




誕生日のケーキ等は、次回のブログで・・・・・バースデー







さて、チェリパパが気に入ったお薦めスポットがあるのだが、

cr522.bmp
玉川高島屋の7階の屋上テラスだ。
ここで夕涼みしながら、庭園を眺めながら、ビールなど飲むと「やっぱり夏はいいなあ」となるビール
木々がライトアップされ、池もあり、しかも高い所だから蚊がいない(これが重要)。
本館と南館があるが、南館の方が笹のライトアップが綺麗でお薦めかな。


cr523.bmp

デパートに行ってもあまりお金をかけないで充分楽しんでいるチェリパパ一家であった。
ニックネーム cherry at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

相模湖プレジャーフォレストドッグラン

たまにはチェリーも遊びに連れて行ってやろうということで、
相模湖プレジャーフォレスト(旧さがみ湖ピクニックランド)にやってきた。





cr513.bmp
1つめのドッグランは、山の斜面を利用したラン。
かなり広いが、結構急斜面で木もたくさんあるので、ウィペットが爆走するような感じのランではない。
cr511.bmp
ヨークシャーテリアに追われる。
なんかいつもの広場のような光景・・・犬(足)




cr512.bmp
平日だったせいか、お友達はほとんどいなかった。






園内は広く、もう一つドッグランがある。
こちらは先ほどよりは狭めで、草ぼうぼう・・・。
でもアジリティが出来る。
cr514.bmp
お友達誰もいない・・・犬(泣)



チェリママは何を考えているのか、いきなり第一投目からボールをフェンス越え大暴投し、失くしてしまいました野球がく〜(落胆した顔)



チェリママは、一度チェリーにアジリティを教えたかったのよと急に張り切りだし、指導を始めた手(チョキ)

cr515.bmp

最初はおそるおそる渡る目



cr516.bmp
だんだん慣れてきた?



cr517.bmp
お〜  きちんと教えればうちの子も出来るかもしれないぞ顔(笑)




cr518.bmp
テレビでボーダーコリーなんかがこれを凄い速さでやっていて感心したものだが、
残念ながらチェリーはわけがわからずただ困惑するばかりであった犬





相模湖は小さい子連れなら色々遊べておすすめのレジャースポットだ。
ドッグランはというと、雑草だらけで足元が悪い(自然のままで良いという言い方もできる)、
夏は蚊が多く大変、相模湖プレジャーフォレスト自体斜面に作られており、園内の移動が疲れる、などのネックもあったが、
でも久しぶりにチェリーも楽しんだようなので、良かった。





cr519.bmp
観覧車から相模湖を望む。

チェリパパは飛行機はとても大好きだが、高層ビルとか観覧車は怖くてしようがない。
今回もやっぱり、乗ってから「しまった、なんで俺は乗ってしまったんだろう」と後悔した顔(汗)
早く降りろとそればかり念じていた顔(汗)
「いま地震がきたらどうなるんだ」とかつまらないことばかり頭に浮かぶ顔(汗)


娘が喜んで景色を見ている横で、じっとかたまっていたチェリパパであったもうやだ〜(悲しい顔)
ニックネーム cherry at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

霊峰パワーを充電する旅

その日、チェリパパは何故か山梨県に出没していた。
何故であろうか。


なでしこジャパンが優勝したのを見て感動し、チェリパパも何か強力なるパワーを授かりたくなり、
気づいたら霊峰富士に向かっていたのでした(?)。





cr489.bmp
大月から富士急の「富士登山電車」に乗る。
元京王線の車両を大々的に改造して観光列車にしてある。
外見はレトロ調でシブいGood




cr490.bmp
内装も面白い。
丸いサークル部分に赤ちゃんも乗せられる。

デザイナーは、JR九州など色々な電車デザインを手がける工業デザイナーとして有名な水戸岡鋭治。
水戸岡氏はテツの間では有名なお方です。




cr491.bmp
車内で色んなグッズを売っている。
アテンダントのお姉さんがワゴンで売りにくる。





cr492.bmp
本棚がついており、列車の中とは思えない本




cr493.bmp
奇妙なソファが置かれた先頭車両。





雄大な富士山を車窓に見ながら、終点河口湖到着。

cr494.bmp
河口湖駅の真後ろには富士山が。




cr509.bmp
駅前には昭和4年製造の古い車両が展示されている。
この電車をモチーフに「富士登山電車」はデザインされたのだろう。





河口湖駅から歩いて15分くらいで、河口湖畔のカチカチ山ロープウェーに到着。

cr495.bmp
ここがあの「カチカチ山」の舞台らしい。

余談だが、カチカチ山の話って、子供に聞かせるにはちょっと残酷すぎやしませんか?
だって、狸はお婆さんを殺してババ汁にしてお爺さんに食べさせるわ、
うさぎは狸の背中に火をつけるわ、溺れさせて殺すわ、どんだけむごいんですか・・・。
はっきり言って有害図書指定レベルですよ(笑)。
うちは小さい子がいるけど、カチカチ山の話はちょっとしてあげる気にならない顔(汗)
大体グリム童話とか、童話や昔話というのは現代の視点から見ると残酷な話が多いようだ。
まあ、別にどうでもいいですけど(笑)。顔(チラッ)





さて、頂上からは絶景を堪能できた。
日頃の行いもいいので(?)晴天に恵まれ良かった晴れ

cr497.bmp




cr498.bmp
富士山の魅力は、裾野の雄大さと美しさだ。
霊峰富士を仰ぎ、パワーを充電したように感じるチェリパパであった。グッド(上向き矢印)





cr499.bmp
河口湖もよく見えた。



cr500.bmp




下りは、アジサイを見ながら登山道を降りてみた。
気軽なハイキング道かと思いきや、結構細くて足場が悪い山道で、ちょっと疲れた・・。
cr501.bmp

cr502.bmp

cr503.bmp

cr504.bmp




cr505.bmp
ところで山梨といえばほうとうが名物だが、ほうとうってあまり美味しいと思ったことないんだが・・。
かぼちゃとか入ってなんか甘いし、ただの味噌煮込みうどんですよね。
(山梨の方失礼。。。  チェリパパは山梨は好きな県の一つです。)
今回は河口湖のワカサギフライを食す。揚げたてで美味しかった魚



cr506.bmp
ふじやま温泉というところで一風呂浴びて帰るいい気分(温泉)




cr507.bmp
富士吉田駅は「富士山駅」と改称されて(何で改称したんだろう、富士吉田の方がピンとくるのに)、綺麗になった。
しかし、駅の入り口にこの鳥居は・・・・。
このセンスってどうなんだろう。
外人が作った変テコな日本のテーマパークみたいだぞ。
しかも、調べてみたらこれも水戸岡鋭治デザインだって・・・。
水戸岡さん、これはちょっと・・・・・・・・ふらふら





cr508.bmp
帰りは「フジサン特急」で大月まで電車
必見は、座席の足元の広さ目
いままで乗った列車の中で一番広いかも。







cr510.bmp
ところでチェリーさんはどうしてるかというと、
暑さのため、ハウス内よりもトイレシートの上の方がいくぶん涼しいのか、こんな格好で寝ていましたとさ顔(え〜ん)
ニックネーム cherry at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

ピーターフォークさん追悼祈念号

雨の多いこの時期、散歩も大変だ。
雨がっぱを着て出動。
cr481.bmp




cr482.bmp
娘が三輪車にハマッているため、チェリーはそれに付き合い散歩。
でもペースが遅いから、面白くないようだ。





cr483.bmp

cr484.bmp
道端で色々遊びだす娘に、「何してんの。早く行こうよ〜。」という感じだ。





cr485.bmp
ここはたまに行くカフェ。
ここらへんは、猫がよく居るので、見つけるたびにチェリーは大興奮。
ここのテラスに座ると、いつ出没するかで、ずっと警戒態勢を取り続ける。





cr486.bmp
ずっと耳を立て、こんな感じだ。猟犬種の本能がそうさせるのだろうか犬(怒)







cr487.bmp
チェリーの指定席の、おじいちゃまのベッドのシーツを夏仕様のガーゼっぽい涼しいバージョンに変えたら、
おじいちゃまじゃなくチェリーが喜んでゴロゴロしていた。





cr488.bmp
しつこく続いている「チェリママの信頼回復大作戦」で、最近はチェリーに肉をあげている。
だからチェリママを見るまなざしが、最近変わってきた。
作戦は成功しつつあるようだ。

でも、単に肉が欲しいだけだと思うホネ






話は180度くらい変わって、「刑事コロンボ」シリーズの俳優でおなじみの、ピーターフォークさんがなくなった。
チェリパパは「刑事コロンボ」が大好きなのだ。
見た目や言動は、飄々としてとぼけた感じだが、
あらゆる事件をさまざまな推理と犯人との駆け引きで、見事解決するすご腕刑事。
そのギャップが面白いドラマだ。
刑事コロンボ役は、ピーターフォークだからこそ成功したのであり、他の人ではここまで人気にならなかっただろう。
謹んでお悔やみ申し上げます。




さらに話は180度変わり(といっても元に戻るわけではない)、
チェリパパは随分昔、香港に行った事がある。
いまは新しい空港が出来ているようだが、旧空港(啓徳空港)時代に訪れた。

香港啓徳空港は、チェリパパのような飛行機好きには世界一有名だった空港で、
市街地に隣接したところにあり、飛行機は市街地のビルすれすれに飛び、着陸するのだ。
香港は山と海に囲まれた狭い土地に、高層ビルがひしめくように建っている土地で、空港も市街地の中にあった。
「香港カーブ」という有名な右カーブをぐぐっと曲がり、
洗濯物を引っ掛けるくらいの低空で、市街地の上を右旋回しながら着陸する。
パイロットにとっては世界一難しい空港だった。


チェリパパが訪れた時は、夜でしかもすごい霧で、着陸態勢に入っても殆ど何も見えなかった。
まだかな〜、もう着くはずなのにどこらへんなのかな〜とぼっ〜と見ていると、
フッと霧を抜けたとたん、眼下にバァーーと香港の夜景がパノラマのように広がった。
あの時の感動と美しさは、一生忘れないだろう。
そして、本当に市街地に突っ込んでしまうんじゃないだろうか、というくらいグングン下降して、
街並みの看板や家の中まで見えるくらい低空になり、「危ない危ない!」とドキドキしていると、スーッと滑走路に着陸していた。
気がついたら着陸していたという感じだ。
古今東西、あれほど魅力的でエキサイティングな空港は無いと思うし、
香港の着陸自体が、世界最高のエンターテイメントじゃなかろうか、と思った。
そんな素敵な空港(住民にとっては迷惑だったと思うけど)、いまはもうなくなり、
二度とあの着陸を体験できなくなったのは残念だけど、その素敵な空港の写真をここに貼り、称えたいと思います(??)飛行機

う〜ん、今回はよくわからない話で、スミマセン顔(チラッ)


hongkong1.jpg

hongkong2.jpg

hongkong3.jpg

hongkong4.jpg

hongkong5.jpg
ニックネーム cherry at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

冠雪の美しい浅間山

リゾート気分を味わうため、家族で軽井沢方面に泊りがけで出かけてみた車(セダン)






浅間牧場では、牛や馬が見れるかなと思ったが、牛も馬も見れなかった。
代わりにいたのは、かわいいウサギたちウサギ
cr476.bmp
かわいいから飼いたいと思ったけど、ウィペットはウサギ狩りの犬だから、チェリーとの共存は相当難しいだろう。
ウサギくんからすれば、僕がライオンと共同生活するようなものだな。





cr475.bmp
丘の上に登ると、大パノラマで風景が見れて、素晴らしかった四葉






cr477.bmp
白糸の滝では、イワナの塩焼きを食べたのだが、美味しかった。
鹿肉まんと五平餅も食したが、美味しかった。
(・・で、滝は??顔(チラッ)




cr478.bmp
冠雪の浅間山は実に素晴らしかった虹
温泉の露天風呂にも入り、リラックスいい気分(温泉)
次はチェリーも連れていってあげたい。





cr479.bmp
チェリーは広場では変わらず元気にボールを追いかける。
でも、獲っても持ってこないけど顔(え〜ん)






cr480.bmp
骨折したばかりで包帯巻いて痛々しいヨークシャーのミルクちゃんだけど、
やっぱりいつも通りチェリーを追い掛け回していましたとさ顔(メロメロ)
ニックネーム cherry at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

すべり台をすべる犬

近所の公園に家族揃って散歩した。
お金がかからない手軽な行楽だなあ顔(笑)

cr460.bmp




cr461.bmp
新緑の木洩れ日の中を気持ちよく歩く。





cr462.bmp
仲良く階段を登ろう犬(足)





cr463.bmp
最近チェリーとスキンシップが少ないため、無理やり一緒にすべり台をすべるチェリママ。
チェリーはただ怖がっただけであった犬(泣)





cr464.bmp
今度はチェリーを抱っこして遊具へ。
チェリーの表情を見れば、このスキンシップ作戦も不発に終わったことは一目瞭然であろう犬(怒)






cr474.bmp
娘がアリの巣を観察していたので、弁当の残りをあげてみるチェリパパ。
しかし、ご飯を食べたのはアリではなくチェリーなのであった・・顔(え〜ん)






cr466.bmp
この池には亀が何故かたくさんいるカメ






cr467.bmp
ずいぶん立派な亀が何十匹もいる。
誰かが捨てた亀が、どんどん繁殖しているのだろうか。






cr468.bmp
だんだん暑くなってきたから、チェリーもバテ気味に。
休憩するとしよう。






cr469.bmp
駅前のドッグカフェへ。
ここでは近所の犬仲間とよく会う。
この日も犬仲間がいたので一緒に食事。







cr470.bmp
何か美味しい物が食べられると思い、大人しく待つ犬






cr471.bmp
かぼちゃのスコーンを注文。




cr472.bmp





cr473.bmp
あっという間に完食。

ここのカフェは、すごく美味しそうな犬用のケーキとかが綺麗にウインドーに並んでおり、
ほ〜凄いな〜といつも思ってしまうチェリパパであった目
ニックネーム cherry at 21:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

爽やかな晴天の公園で遊ぶ

最近雨続きで、散歩に思うように行けず、ストレスのたまったチェリー。



cr446.bmp
めったに遊ぶことのないぬいぐるみに八つ当たり犬(怒)



cr447.bmp
ガウガウとしばき倒しているどんっ(衝撃)




cr449.bmp



cr450.bmp




この後、娘のオモチャをガリガリとかじっていた犬(怒)
それはいけませんので、早速逮捕しました。

取調べに対し、チェリー容疑者は「散歩に行けずムシャクシャしてやった。今は反省している犬」と語っていた。





今日は一転して快晴だったので、みんなで世田谷公園に行ってみた車(セダン)



cr451.bmp
世田谷公園近くにある、アンディカフェでご飯。
犬OKのドッグカフェだ。
店員さんも感じ良いし、イタリア料理も美味しくてなかなかいい店Good



チェリーにも犬用ササミを注文。
cr452.bmp




cr453.bmp
よほど美味しかったのか、10秒で完食犬(笑)





cr454.bmp
「もうないの?犬





cr455.bmp
世田谷公園の噴水のある広場が好き虹





cr456.bmp




cr457.bmp
娘が遊んでいる間、大人しく待っている。



cr458.bmp
飽きてきたら、ビニール袋の上に座っていた。
地べたに座るのはどうしても嫌なんだね犬





cr459.bmp
チェリーの小屋の中のクッションを大きめのものに変えてあげた。
以前のものがやや小さめで、寝る時ちぢこまっていたので、
なんか可哀想だな〜ということで、一回り大きいものにチェンジ。
「お〜こりゃいいや犬(笑)」てな感じで、のびのびとしていた。
ニックネーム cherry at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

よそ様を押し倒して遊ぶチェリーさん

最近このブログは、チェリパパのお出かけ写真集となってしまっており、チェリーブログと言えなくなってきているのではないか。
これはいかん顔(汗)
反省して、チェリーの日常を掲載することにした。



cr442.bmp
天候も良く、チェリーも元気に広場で走り回る犬(笑)
そして、元気にオヤツちょうだいと全ての人にねだりまくるふらふら





cr441.bmp
最近の遊び相手は、ミニピンとイタグレMIXのムギちゃんだ。
どう見てもチェリーが噛み付いていじめているようにしか見えないが、これは遊んでいるんです。
本当ですってば。




cr443.bmp
押し倒して遊ぶ。
こんな仕打ちをされつつも、毎回遊んでくれるムギちゃん、本当に本当に有難うたらーっ(汗)






cr444.bmp
私が持っていくボール(ラグビーボール型)が大好きで、チェリーに投げたボールまで上手にとってしまうマロンちゃん
(プードルとキャバリアのMIX)。
とても元気な子です。
このラグビーボールはチェリーも大好きで、転がり方が不規則だから犬にとっても面白いのではないだろうかGood







cr445.bmp
話は変わって、最近家族(娘も)で愛用している店が、自由が丘の「いいカフェ」。
ここは小さい子向けにも安心できる食材を使ったメニューで、大人も子供も同じメニューをいただく
(もちろん量は違う。写真右上に少し見えるのが子供のプレート)。
そして、子供が遊べるスペースとオモチャや本が充実したカフェなのだ。
うちは昼ご飯にしょっちゅう行っている。

保育園を併設しており、スタッフの方みなさん子供好きでいい方だ。
食事もなかなか美味しい。

小さい子供連れなら、おすすめのお店だわーい(嬉しい顔)
ニックネーム cherry at 23:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする