2012年11月23日

紅葉の高尾山

先週に続いて、紅葉を求めて出掛けてみた。

高尾山口駅は、平日にもかかわらず大勢の人でごったがえしていた。
4歳の娘は初登山。今回残念ながらチェリーは不参加。
cr967.jpg
ちょうど紅葉は見ごろを迎えていた紅葉




cr968.jpg
登山路の途中にある銭洗い弁天。
みんなが100円玉とかを洗っているところで、チェリパパは躊躇なく1万円札をジャブジャブ洗う。
欲深さが、はからずも露呈してしまったのであった・・。



cr969.jpg
頂上に到着。
富士山がうっすらと見える。



cr970.jpg

cr971.jpg
紅葉を見ながらお弁当。



cr972.jpg
帰り道は4号路という吊り橋のあるコースで下る。
チェリパパは吊り橋が大の苦手である。ゆらゆら揺れて怖い。
今地震よ来るな来るな、とか念じながら顔を引きつらせて渡るがく〜(落胆した顔)



cr973.jpg
4号路は景色も良くおすすめGood




cr974.jpg
森林浴はやはり気持ちが良い。




cr975.jpg
さてチェリーさんはというと、仰向けみたいな変な格好で寝ていた。



cr976.jpg
次回はチェリーも連れて登りたい。犬(笑)

ニックネーム cherry at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

黄色いイチョウ並木の昭和記念公園

何やら紅葉が綺麗との噂を聞き、立川まで車を走らせてみた。

cr951.jpg
たまにはチェリーにも綺麗な景色を見せてやろう。




着いたところは昭和記念公園虹
ここはとにかく広い。
cr952.jpg
黄色いイチョウ並木がお出迎え。



cr953.jpg
整然と並ぶイチョウは、秋の陽に当たり黄色く輝いていた。




cr954.jpg
銀杏(ぎんなん)のニオイが結構するのは仕方ないところ。
余談だがチェリパパは銀杏は好物である。
昔調子に乗って食べ過ぎお腹壊したこともある。
銀杏の食べ過ぎは危険らしいので、注意しましょう。手(パー)




cr955.jpg




cr956.jpg
園内が広いのでパークトレインという乗り物が走っているが、犬連れだと乗れない。
仕方ないので、チェリママと娘だけ乗り、チェリーと私は歩いて移動・・。

ここはドッグランもあるので(今回は行ってない)、犬連れがとても多い公園。犬(笑)




cr957.jpg



cr958.jpg

cr959.jpg
とても広い芝生の広場もある。気持ちがいい空間だ。




cr960.jpg
公園の奥側にもう一か所イチョウ並木がある。



cr961.jpg
黄色いじゅうたんのようだ。




cr962.jpg
イチョウのトンネルだ。




cr963.jpg
昭和記念公園はなかなか良かった。また行きたい。Good





帰りにドッグカフェに立ち寄ってみた。
府中にある「カフェ・トロアシアン」
住宅街の真ん中にあるこじんまりした店で、テリアを6頭飼っているご主人と色々話した。
cr964.jpg
食事もボリュームあり美味しかった。


cr965.jpg

cr966.jpg
お店のウェルシュテリア(7か月)と。犬(笑)





話は変わって、映画「のぼうの城」を観た。
歴史が好きなので楽しみにしてたが、期待以上に素晴らしい映画だった。
役者陣も素晴らしいし、ストーリーも、多少誇張があるだろうが楽しかった。
ネタバレしてしまうけど、でも感動したところを書きたい。
20,000人VS500人なんて、どう考えても勝ち目がないのだが、それでも武士としての面目と誇りのために、覚悟を決めて立ち向かう。
損得ではなくて、美学で動く。そんな男たちの生き方にまず感動する。
そして、当時の合戦は、こういう例えをしていいかわからないが、スポーツマンシップを感じるのだ。
戦いも、武士同士がお互い名乗りあってから一騎打ちの勝負をしたり、自分の武勲をアピールしたりする場面が面白い。
最後の、成田長親と石田三成の会見は見せ場だ。
勝者は敗者を称え、敗者は勝者へ敬意を以て接する。
そして最後に成田側が北条軍の他の戦況がどうだったのかを聞くと、
三成が「北条方の城で落ちなかったのは、ここ忍城だけだ」と伝える。
「当方にははなはだ迷惑だが、この坂東武者の武勲は百年の後も人々に語り継がれるであろう」と三成に言わしめるのだ。
それを聞いた成田側の武将たちはみな感無量といった表情でガッツポーズを見せるのだ・・。
この最後の会見はいいシーンだった。
そして最後のエンドロールのあとに、現代の行田市忍城周辺の映像が映し出される。
当時の城門などの地名が現在もそのまま残っているのに感動する。
そして三成の築いた水攻めの堤防も「石田堤」として一部が残っている。
子供たちがそこを歩き、すぐわきを新幹線が通っている。
400年前といまの世の中はつながっているんだなあと感動の映像であった。

とにかく映画の感動を伝えようと一気に書いたが、この映画、おすすめである。

いや〜映画って本当にいいもんですね〜
それではみなさん、さよなら さよなら さよなら
(古いか)
ふらふら
あせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム cherry at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

時速160km成田山詣

この日、チェリパパは成田空港をウロチョロしていた。
一体何故成田空港に出没したのか。
どこか海外にでも逃亡するというのだろうか?飛行機
cr927.jpg








チェリママと娘が用事で出掛けたので、私もぶらぶらと出掛けてみることにした。



上野駅に到着
cr923.jpg
この素晴らしい列車は京成の新型スカイライナーだ。
時速160キロで成田空港までぶっ飛ばす。
山本寛斎デザインのこの列車、私が最もカッコいいと思っている列車の1つだ。電車



cr924.jpg
いかにも「俺は速いぞ!」と自己主張しているデザイン。
車でも電車でも飛行機でも、家具でも何でも、工業デザインは無機質・無個性では駄目である。
確固たる何らかの自己主張が感じられるデザインというものが、美しいものだ。



cr925.jpg
車内は青系でクールでビジネスライクな印象。
インテリアというものは、暖色系の部屋は時間が経つのがゆっくり感じ、寒色系の部屋は時間が経つのが早く感じられる。
つまり、空港連絡特急としては、お客さんにくつろいでもらうというより、「えっもう着いたの?早いなあ」と感じてもらうことが重要。
だから、青と黒の寒色系インテリアは、理にかなっているのだ。Good


cr926.jpg
背もたれはかなり薄く、その分足もとを広くとっているのだろう。
そのかわり座り心地はやや硬め。やはりビジネスライクな印象。



新しく出来たスカイアクセス線内を飛ばし、成田空港に到着。上野から40分くらいと随分早くなった。
あとは2,400円という料金がもう少し安ければもっといいのだが・・・。



cr928.jpg
成田空港第一ターミナルの展望デッキにて。
空港で、色々な国の飛行機がやってくるのを眺めてるだけで楽しいのだが、なかなかこの楽しみを分かち合える人が少ないのが、チェリパパの悩みである(笑)。



cr929.jpg
世界最大の旅客機エアバスA380。
この怪物のような巨大な機体が、こともなげにフワリと浮き上がり、そのままぐんぐん上昇していき、見えなくなっていく。
その圧倒的なパワーを見ると、思わず感動してしまうのだ。顔(メロメロ)




cr930.jpg
いまや古典的ともいえる、ジャンボ。
最も身近で何度も乗った名機も、次第に老朽化で引退していく。
その巨大かつ美しいシルエットの雄姿を、今のうちにまぶたに焼き付けておきたい。




cr931.jpg
成田空港をあとにして、成田駅に到着。
成田山新勝寺の門前町に相応しい駅舎。



cr932.jpg
成田山新勝寺にお参りしよう。
参道を歩くと、色々な古い建築があり、面白い。



cr933.jpg
木造三階建ての古い旅館とか、首都圏ではそうそう見られない風景が、成田にはまだ残っている。




cr934.jpg
腹が減ってきたので、成田名物のウナギでも。
お店の人いわく、「特に成田がウナギの名産地というわけではありません。遠方からお参りにやってきて、せっかくだからご馳走を食べたいという人に、どの店もウナギを提供して、いつのまにか名物になった」との事。



cr935.jpg
新勝寺に到着。



cr936.jpg
初詣は大混雑で有名だが、平日だからすいていていいね。



cr937.jpg
境内に、ひときわ目を引く三重塔があった。一体なんだこの妙ちくりんな建築は。目



cr938.jpg
極彩色の摩訶不思議な建物。中国の寺院みたいだ。
どうせ新しく作ったものだろう、と思ったら、何と築300年と聞きビックリ。




cr939.jpg
このクラクラと目まいがするほどの色の洪水。
芸術と悪趣味とが極限でせめぎ合ってるような、何とも背中がむずむずしてくるような、どうにも形容しがたい名建築。



cr940.jpg
チェリパパのような変わった建物好きの人には是非おすすめしたい物件である。Good



cr941.jpg
壁から龍の頭がたくさん出ていた。もうお腹いっぱいである。勘弁願いたい。がく〜(落胆した顔)




cr942.jpg少し歩くと巨大な塔が見えてきた。
この間行った高野山にも似た塔があった。
そういえば同じ真言宗の寺だな。




cr943.jpg
ふと見ると、お寺の中に何故かヨーロッパ風庭園。




cr944.jpg
シェーンブルン宮殿じゃないですよ、ここは。
千葉の成田山新勝寺です。




cr945.jpg
立派な建物。



cr946.jpg
帰りがけ、成田ゆめ牧場という店でソフトクリーム購入。
濃厚で美味しい。
観光地では何故かソフトクリーム食べたくなりませんか?



cr947.jpg
成田から勝田台まで行きそこから東葉高速鉄道で帰る。電車
15分おきしかこない電車に乗り込んだが、その始発電車も一輌に私しか乗ってなかった。





ところでチェリーは相変わらず元気。
cr948.jpg
チェリーは小型犬大好き



cr949.jpg




cr950.jpg
とってつけたようなチェリーの写真ありがとうございました(笑)。
ではごきげんよう。犬
ニックネーム cherry at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

小林可夢偉3位表彰台記念

今年のF1日本グランプリで、小林可夢偉が見事3位表彰台をゲット致しました。モータースポーツ
今シーズンは同僚のペレスが活躍し、可夢偉は思うように結果が残せず苦しい立場だったが、
ようやく日本グランプリで努力が報われた形になり、良かった。Clap
今F1で唯一の日本人なので、可夢偉には頑張ってほしい。
日本企業も、彼のスポンサーになるなどしてもうちょっと日本人F1レーサーを応援して欲しいね。




涼しくなってきたので散歩が気持ちいい。
朝の公園広場にもたくさんの犬が集まる犬(笑)

cr914.jpg

cr915.jpg

cr916.jpg
ボール投げは、相変わらず取ってもそれを持ってこないことが多い・・・野球


cr918.jpg

cr919.jpg
相変わらず小さい子を転がして遊ぶ・・・たらーっ(汗)



cr920.jpg
昔と違って、苦手な(嫌いな)犬が近所に何頭かいて、見かけただけでものすごい剣幕で吠える(向こうは全然こちらを相手にしてないのに)。
どういう基準なのかチェリーに聞いてみないとわからないが、とにかくその特定の子にはなるべく出くわさないよう散歩するしかない。
広場に離している時も、苦手な子が通りかかったりしないか気が抜けないのである顔(汗)



cr921.jpg



cr922.jpg



cr917.jpg
いつもチェリーとチェリパパを追いかけてくれる、超元気なおじいちゃん犬、ミルクさん、いつも本当にお元気でなによりです犬(笑)





ところでチェリパパは今年も娘の運動会に参加してきた。
去年親の徒競走で悔しい思いをしたので今年は1等を、と思ったが、
やはり歳には勝てず、20代のパパとかには全然歯が立たなかった。
去年と同じ、5人中3位。
そして去年同様、筋肉痛になっているチェリパパであった。ふらふら
ニックネーム cherry at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

青春18きっぷで特急に乗る旅

チェリママは残るが私は最終日、帰りは飛行機なのだが、何故か電車で琵琶湖を見ながら北陸線を北に向かっていた電車
飛行機なら伊丹は逆方向だが、今度は一体どんなミラクルを使うというのだろうか??
cr898.jpg






青春18きっぷ最終回の3回目、北陸線で延々と北上し小松で温泉に入り、小松空港から東京に帰るという離れ業である。





ところが湖西線の近江今津駅で、電車はストップしてしまった。
「福井が大雨のため、この電車は当駅止まりと致します。ここから先復旧の見込みは立っておりません。」
とアナウンスが流れ、茫然とするがく〜(落胆した顔)
このままだと、旅のプランがめちゃめちゃだ。てゆーかもしかしたら飛行機に間に合わないという事態も考えられるぞ。
こういうことは先に言ってもらいたいのに、いきなりの放送で他の乗客も怒っている。
滋賀県内でまさかの足止めを食らい、チェリパパは焦った顔(汗)


1時間以上経って、ノロノロ運転だがようやく動き出すと言う。
とりあえず一安心だが、先に出るのはホームに止まっている特急「サンダーバード」で、各駅停車の方はダイヤが未定だという。
18きっぷは特急は乗れないのだが、このままでは間に合わなくなるおそれがある。
交渉して、先に出る「サンダーバード」に特例としてタダで乗せてもらうことになった手(チョキ)




本来各駅停車を乗り継いで行くところであったが、思わぬトラブルが襲い、そして結果的に特急で移動することができた。
で、結局金沢に着いたのは、最初のプラン通りちょうどの時間であった。
雨で止まったが、そのおかげで特急に乗れ、遅れを取り戻し予定通りの到着となったのだ。
「鉄子の旅」の横見さん並みのマジックだったといえようGood





cr899.jpg
もう渋谷?? 違います金沢です。繁華街香林坊のすぐ近くに武家屋敷街がある。



cr900.jpg
やってきました金沢の武家屋敷。
本当に時間がなく、ちょっと散歩する程度。



cr901.jpg
金沢は快晴で、どこが大雨だったの?という感じ。





cr902.jpg
大都市金沢の中心部で、よくこれだけの武家屋敷街が残っているな。




cr903.jpg
漆喰の壁が風情ある街並みを作っている。




cr904.jpg




cr905.jpg



cr906.jpg
本当にサーッと通り過ぎて見ただけで、このあとバスで温泉に向かう。
何かせっかく苦労して金沢までやってきたのにもう出発。
何やってんだろう俺、という思いが沸々とわいてくる(笑)。顔(チラッ)



金沢から「温泉特急」山中温泉行きのバスで、途中の辰口温泉で降りる。
ここは素晴らしい自然の中の露天風呂があり、小松空港からも近いからこれはいい、と選んだ次第だ。



cr907.jpg
たがわ龍泉閣というホテルに到着。日帰り入浴も出来る。




ここの露天風呂は混浴で、男の人は海パンみたいのを履き、女の人はバスタオルを巻いて入る決まりとなっている。
cr908.jpg


cr909.jpg
解放感抜群の広い露天風呂。
喜んでいいのか悲しんでいいのか、私一人の貸切状態(笑)。
青空の下、リラックスして入るGood



cr910.jpg
出る頃にオジさんの団体が来ただけ。まあ、別に混浴目当てで来たわけではないからいいんだけど。
風呂のすぐ横に田んぼがあって、何とものどかで風情のある露天風呂だいい気分(温泉)




辰口温泉から小松駅までバスで行き、小松駅で小松空港行きのバスに乗り換え。
cr911.jpg






cr912.jpg
帰りの機内で、富山の「ますのすし」を食す飛行機
富山の「ますのすし」は、チェリパパが最も好きな駅弁で、スーパーやデパートとかでたまに売ってるのを見ると必ず買うのだが、
今回も小松空港で買わずにいられなかった。
しかし、予想はしていたが、「ますのすし」は機内で食すにはあまり良いアイテムではない。
まず、いままで家で食べてたからあまり気が付かなかったが、これ醤油がついてない。
CAさんに醤油ありますかと聞くと「ないです」とのこと。
やっぱりますのすしには醤油をつけたいと思うのは私だけか。
それから狭い機内の席で、あまり広げられない状態で、切って、葉っぱを取って食べるのは、あんまりスマートではなかったふらふら
「ますのすし」は美味しいけど、これからは機内で食べるのはやめとこう、という教訓が残ったたらーっ(汗)






cr913.jpg
お帰りなさい。お土産は??
犬(笑)え?なし??
ふーん。
犬(怒)
ニックネーム cherry at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

聖地巡礼の旅 高野山

cr880.jpg
翌日は、家族で世界遺産高野山を登ってみることにした。
難波から南海特急「こうや」で約1時間半。
高野山に近づくと、山深い人里離れた急坂急カーブの路線となり、完全に登山鉄道である。
険しい山道を、きしみ音を響かせながら、ゆっくりゆっくりと走る。
よくこんな山奥に線路を敷いたものだと感心していると、終点極楽橋駅に到着電車



cr881.jpg
そこからさらにケーブルカーで登る。
このケーブルカー、ものすごい傾斜を登っていく。室内もかなり傾いた階段状になっている。




cr882.jpg
ようやく到着・・と思いきや、ここからさらにバスに乗る。



cr883.jpg
やっと高野山奥の院に到着。
電車とケーブルとバスを乗り継ぎ、下界よりも気温の低い高野山に降り立つと、はるばるやってきた感もひとしおだ。




cr884.jpg
奥の院は鬱蒼とした森に包まれ厳粛な空気が漂う。




cr885.jpg
奥の院参道には歴史上の人物のお墓や供養塔が立ち並ぶ。

平日だが多くの観光客が訪れていた。




cr886.jpg
弘法大師が祀られている奥の院の入り口付近。
ここからは撮影禁止・飲食禁止・大声禁止の神聖なるエリア。
お坊さんがお清めのお香?(シナモンのような香りがする)みたいなものを配り、それを手にすりこみお参りする。




cr887.jpg
どこもかしこも「ゆるキャラ」が跋扈して、よくわからん現象だが、この「こうやくん」は・・・
まあかわいいから許す(笑)
しかしどうして高野山に可愛い漫画キャラが必要なのかは、やっぱりよくわからんです。
顔(チラッ)



cr888.jpg
高野山金剛峰寺(こんごうぶじ)。真言宗の総本山。





cr889.jpg



cr890.jpg
庭園が美しかった。



cr891.jpg
高野山根本大塔。周囲を圧倒する巨大な赤い建築。高野山のシンボル的存在。






cr892.jpg
高野山は遠かったが、山の上に築かれた荘厳なる宗教都市、世界遺産であるこの山に「聖地巡礼」できたのは良かった。





さて、翌日は高槻市内にある「摂津峡」という渓谷公園に出掛けてみた。
cr893.jpg





cr894.jpg
近所にこんないい渓谷があるなんて、羨ましいなあGood




cr895.jpg
雨が降ったあとなのでいつもより水量が多いとの事。




cr896.jpg
人気スポットらしく、平日にもかかわらず大勢の若者がバーベキューをやりに来ていた。
混雑する渓谷っていうのも、ちょっとなあ・・。




cr897.jpg
カニやメダカが結構いた魚わーい(嬉しい顔)
大漁で家に帰ったチェリパパ親子であった。
ニックネーム cherry at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

風情ある港町鞆の浦

尾道から各駅停車で福山に到着電車

cr865.jpg
福山はなかなか大きな街だ。


福山駅はお城がすぐ後ろに見える駅として有名だが、どのくらい近いかと言うと、
cr860.jpg
ご覧の通り。元々城の敷地だったところに駅を造ったのだ。




cr861.jpg
この日は天守閣が休館日で、外観のみ見学。
天守閣自体は、かなり立派なものだが、残念ながら戦後の再建。




cr862.jpg
城の北側面は、かつて防御のため鉄板を全面に貼っていたとの事。
ネットで写真を見たが、何とも異様な外観で、にわかには信じがたかったがく〜(落胆した顔)
そんな最大の特徴である部分を、復元するとき再現しなかったというのは残念だなと思う。




cr863.jpg
石垣好きのチェリパパからすると、もうちょっと高さがある方がいいなと思う。



cr864.jpg
福山城の天守閣は大きく立派であるが、その下の石垣が低いのが残念。
姫路城でも熊本城でも江戸城でも、名城と言われる城の石垣は高さがあり立派なのだが、
福山城は石垣と天守閣のバランスがあまり良ろしくない。
そのためどっしりとした堅固な感じが薄くなっていると思うのは私だけだろうか。




福山から、バスに乗り鞆の浦(とものうら)に向かう。
鞆の浦は瀬戸内海の小さな歴史ある港町で、古くからの街並みが残る。

cr866.jpg
寅さんがひょっこり現れそうな、情緒ある街並み。




cr868.jpg
対潮楼という、かつて朝鮮通信使をもてなした御殿が残る。




cr879.jpg
ここから見る瀬戸内海の風景は、日本一の景勝地と言われた。
まるで絵画のような美しい風景。




cr867.jpg
鞆の浦は坂本竜馬ゆかりの地でもある。




cr869.jpg


cr870.jpg
かつて賑わった港町は、いまはひっそりと時代の変化に取り残されたかのように静かに佇んでいた。




cr871.jpg
タイトスケジュールのため、ゆっくり内部を見学する時間は無し。
街をさらっと散歩しただけだったので、ちょっと勿体なかった。




cr872.jpg


cr873.jpg


cr874.jpg
保命酒というのがここの名物で、保命酒入りのソフトクリームというものも・・。
意外と甘くて美味しいが、でも何かやっぱりちょっと酒臭い気が・・・。




cr875.jpg



cr876.jpg
このしっとりとした落ち着いた街並みが、変わらず維持されることを願う。



cr877.jpg
この後「鴎風亭」というホテルの温泉に。



cr878.jpg
瀬戸内海が見える絶景風呂だが、急に豪雨とすごい雷がきたため、何となく落ち着かない感じでちょっと残念・・・・あせあせ(飛び散る汗)




このあとまたバスで福山駅に戻る。
そこから各駅停車に延々と乗り、夜に大阪に着いたのだった・・電車
福山から4時間以上乗って腰が痛くなったのは言うまでもない顔(チラッ)




つづくHello
ニックネーム cherry at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ラビリンス尾道をさまよう

cr829.jpg
例によって大阪のチェリママの実家に向かうチェリパパだが、大阪を飛び越してなんと広島空港に降り立っていた飛行機

今回は一体どんな旅を企んだのだろうか??









今回青春18きっぷ3枚つづりを購入して、1枚松本で使ったので、あと2日分ある。
そこで、大阪に行く日と東京に帰る日にちょっと各駅停車ぶらり旅でもするかという企画である電車



cr830.jpg
広島空港からバスで三原駅へ。ここから18きっぷの旅スタート。



cr831.jpg
すぐに尾道に到着。
尾道は昔から来たいと思っていたが、今回初めて来た。
海と坂とお寺のある情緒ある港町で、映画の舞台として有名である。



cr832.jpg
尾道の特徴は、階段状になっている急坂に、へばりつくように建っている市街地。




cr833.jpg
ふと見ると足元で猫がお休み中猫(笑)




cr834.jpg
この独特の市街地を散歩するため、わざわざやってきた。



cr835.jpg
志賀直哉などの文学者の旧宅もある。





cr836.jpg
尾道らしい1枚。






cr837.jpg
実際生活している人は大変だろう。




cr838.jpg
この坂道の迷宮のような街を迷いながら歩くのが尾道の醍醐味ではなかろうか。



cr839.jpg



cr840.jpg
猫(笑)集会所かな。尾道は猫が多かった。



cr841.jpg
どこを撮っても絵になる街。



cr843.jpg
しばらく歩くと大きい三重塔が見えてきた。




cr844.jpg
天寧寺の三重塔。近くで見ると大きさに圧倒される目




cr845.jpg
美しい坂道。



cr846.jpg
しかし階段を登り降りしているとだんだん汗が吹き出てくる。
住民の方にシャッターを押してもらい「綺麗でいい街ですね〜」と言ったら
「いやあ、毎日ここを昇り降りするのはきついですよ・・」と言っていた。



cr847.jpg
猫坂。猫が多いから名が付いたらしいが、やはり猫がいた猫(笑)




cr848.jpg
細い坂を下りていくと、猫の看板が見えてきた。



cr849.jpg
何か、つげ義春の世界に迷い込んだかのような不安定な気持ちになる。面白い。




cr850.jpg
ロープウェーに乗り山頂に行く。瀬戸内海と尾道が一望。





cr851.jpg
山頂付近に洒落たレストランがあり、そこの店先でソフトクリームを売っていた。
これがなかなかの美味。おすすめGood




cr852.jpg
叩くとポンポンという音がなるポンポン岩。
叩いたが、確かに空洞っぽい変な音がなった。
中国人の観光客の女の子に撮ってもらう。




cr853.jpg
尾道からは、しまなみ海道を通ると四国の今治まで行くことができる。



cr854.jpg
山頂には千光寺という有名なお寺がある。
ここは観光客で賑わっていた。
眺めも素晴らしい。



cr855.jpg
境内に、巨大な岩山?があり、そこにくさりのロープが垂れ下がっている。
見ると殆ど垂直に登る険しさで、殆どの人が見るだけで登らない。
若者が一人チャレンジしていたので、無謀にも「まあ記念だし登るか」とやってみることにした。

登ってみると、足場がないし、相当にハードがく〜(落胆した顔)
落ちたら大怪我するであろう。
垂直に切り立った岩を、汗だくになり、ようやく登りきるあせあせ(飛び散る汗)

これだけハードというか、危険なコースがお寺に存在するというのがちょっと驚きだった。
もし怪我したらお寺の責任にはならないのかね・・。


cr856.jpg
アスレチックに自信がある方、リポビタンDのCMに憧れている方などは是非チャレンジしていただきたい。
お子さんは、やりたがってもちょっと危険じゃないかと思うので、おすすめはしない顔(汗)





cr857.jpg
尾道らしいショット。日本の美。




cr858.jpg
さて、昼は尾道と言えばラーメンかなと思い、有名店「朱華園」に行ってみると、ご覧の行列。




すぐにあきらめ、尾道と言えばあとはお好み焼きだな、ということで、お好み焼き屋さんで砂ずり(砂ぎも)入りの尾道焼きを注文。
cr859.jpg
砂肝を入れるのが尾道の特徴とのこと。歯ごたえが美味しい。




この後、福山に向かう(つづく)。


ニックネーム cherry at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

チェリー6歳

8月27日でめでたくチェリー6歳と相成りましたバースデー
健康だが寝てばかりのチェリーさん。
手がかからなくて良い子だClap顔(笑)




さて夏休み中、娘が早朝のラジオ体操に精を出している頃、ちゃっかり付いて行ってる方が約1名。

cr813.jpg
チェリーさんでした犬




毎朝一緒に公園に行って、子供たちがラジオ体操するのを見学していたそうだ。
おかげでそこの子供たちのアイドルに勝手になってた模様犬(笑)ハートたち(複数ハート)
cr812.jpg




cr814.jpg
チェリーさん、早朝から付き添い、ご苦労さんでしたHello
もう終わりましたんで、これからはいつも通りゆっくり寝坊して下さい眠い(睡眠)






さてチェリパパはというと、また一人で城めぐりをしていた。



「青春18切符」をもう青春じゃないのに初めて購入してみた。
各駅停車なら1日2300円で乗り放題というJRの有名な切符だ(青春18という名だが別に何歳でも乗ってOK)。


各駅停車を乗り継ぎ、5時間もかかって松本に到着。
お尻が痛くなったたらーっ(汗)
cr815.jpg





cr816.jpg
松本城は昔から行きたいと思っていたが、今回初めて来た。
天守閣は、愛知の犬山城、福井の丸岡城と並び最古の天守閣と言われる。
城の天守閣で、江戸時代以前から残っている城は全国で12しかない。
殆ど明治維新で壊されたり、戦争で焼けたりして、戦後に建てなおしたりしたものが多く、
松本城などの現存天守は貴重で素晴らしい歴史遺産なのである。




cr817.jpg

cr818.jpg



cr819.jpg
天守閣内部は、古い城ならではの急な階段がすごい。
殆ど直角かと思うくらいで、外人さんが降りる時滑って転んでオーマイゴットとか叫んでいたがく〜(落胆した顔)





cr820.jpg
最上階からの眺め。
この城、天守閣は素晴らしいのだが、城のロケーションとしては、チェリパパ的にはあまり好きじゃない。
私が好きなのは、くねくね曲がりくねった石垣の道を一生懸命登り、ようやく辿り着いた山頂に天守閣が建っている・・というもの。
松本城みたいに、起伏のない綺麗な公園に、天守閣だけポコッとあるような城は、どこかテーマパークのような感じで・・・。
大きな堀はまるで公園の池のようであり、白鳥や鯉が優雅に泳いでいる。
何とものどかで平和で美しい風景だが、戦争の匂いがしないのだ。
城というのは、戦国の世に戦争目的で作られた要塞なのに、その空気が感じられない。
その部分に、チェリパパ的には物足りなさを感じるのであった。





松本城のすぐ近くに、明治政府が建てた古い学校「開智学校」跡がある。

cr821.jpg
鹿鳴館時代を思い起こさせるような素敵な建築。



cr822.jpg
しかしよく見ると和と洋の他に、ドラゴンがいたりして中国風とも思える装飾がある。
和洋中折衷で見るとちょっと不思議で変な建物である。
こういう妙な建築を見ると嬉しくなってしまうのは私だけか顔(メロメロ)






cr823.jpg
明治人のこの紙一重のセンスに脱帽したチェリパパであった。





cr824.jpg


cr825.jpg
内部も立派で、当時の子供は随分洒落た環境で勉強していたんだなあと感心。







cr826.jpg
松本市役所前の石像。
市民の税金でこんな大きい可愛いの作っちゃいましたとさ顔(チラッ)

ところで松本市には実は初めて来たのだが、思ったより大きくて賑やかな街。
県庁所在地ではないけど、街並みは甲府などより立派な印象を受けた。





バスで、近くの浅間温泉という所の「枇杷の湯」という日帰り温泉施設に行く。
ヒノキの露天風呂と、殿様の野天風呂という2つがあり、
野天風呂の方はなかなか素晴らしかったいい気分(温泉)
cr827.jpg
貸切状態でのんびりできた。
上まで気が覆いかぶさっていて、自然の中でお湯に入る感じ。


cr828.jpg
さわさわと風に揺れる木々の音と、滝の水の流れる音のみ。
まさに極楽だわーい(嬉しい顔)
若い頃は温泉など特に興味なく、海外旅行とかの方がいいと思っていたが、
この歳になると、やはり旅は温泉だなあ〜としみじみ思うチェリパパであったGood



この後また5時間かけて各駅停車で東京まで戻ったのでした。電車
ニックネーム cherry at 12:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

チェリーの海岸物語

ロンドンオリンピックが盛り上がっている今日この頃、
チェリーも含め家族皆で海水浴という名のレジャーをいそしむ事にしてみた。

cr799.jpg
葉山の先の立石公園(秋谷海岸)に到着。
この人、いや犬は、生涯2度目の海。





cr800.jpg
やはり波を怖がる。犬(泣)
ついでに娘も波を怖がる。




cr801.jpg
恐る恐る近づく。目



cr803.jpg
匂いも確認していると・・・



cr802.jpg
びえぇ〜と、ナイスな感じのリアクション。犬(泣)




cr804.jpg
何度も特訓しているうちに、だんだん慣れてきた。
しかし波の引きが結構強い。
チェリーも流されないよう真剣である。



cr805.jpg
結構犬連れで来ている人もいた。
駐車場は無料だし、砂浜あり岩場ありだが、ここはそんなに混んでないから穴場かも。
しかし波は結構高いので、子供を遊ばせるのには注意が必要である。




cr806.jpg
疲れてただ茫然と海を眺めるのであった。犬





cr808.jpg
座ろうと思ったら、先にチェリーに陣取られていた。ふらふら



cr807.jpg
夕暮れの海岸は、優しいオレンジ色の光と波の音が何とも落ち着いた気分にさせてくれる。




cr809.jpg
秋谷海岸沿いの「レストランDON」という店のテラス席で夕食。
海を見ながらシーフードなどが美味しい。魚





cr810.jpg
ちょっとリゾート気分を味わい上機嫌なチェリパパであった。わーい(嬉しい顔)





追伸
娘と夜の公園にセミの羽化を観に行った。
想像以上に多くのセミが羽化していて驚いた。
同じ枝に四匹同時に羽化している所もあった。
神秘的な昆虫たちの命のドラマに感動したチェリパパであった。
cr811.jpg
ニックネーム cherry at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

草を食べるチェリー

この蒸し暑い時期になっても、チェリーは布団にもぐりこんでの昼寝が大好き。
cr796.jpg
見てるだけで暑そうなんですけどあせあせ(飛び散る汗)





cr792.jpg
よくお腹の具合が悪くなり、ご飯をあまり食べない日もしばしば。
そんな時は、必ず散歩では草をムシャムシャやるのだが、食べさせるべきかやめさせるべきか、ちょっと悩む。
草を食べることにより胃腸の調子を整えているらしいのだけど、
道端の雑草も不衛生だったり、農薬でも付いていたりしたら・・・とか考えてしまうんだよなあ。
顔(汗)





cr793.jpg
この間日本テリアと会った。
あまり実物には出会えない珍しい犬種だ。
短毛で白いからチェリーに似てるなあ。







cr797.jpg
プードルのコウちゃんとは仲良し。
プードルちゃんは夏は毛が暑くて大変そうだな・・。





cr795.jpg

cr794.jpg
砧公園は朝行くと気持ちがいい。
鬱蒼とした森が、都会の中の公園とは思えない爽やかさだ四葉









cr798.jpg
ウナギを食べている時ほんのちょっと目を離した隙に、なんとチェリーちゃんが美味しそうにウナギを召し上がっておりましたちっ(怒った顔)
叱ってもどこ吹く風。
「あ〜今日は美味しいもの食べた食べた犬(笑)」て感じ。ふらふら
ニックネーム cherry at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

海野宿を訪ねて

例によって思いつきで独りでフラリと出掛けたチェリパパ。
車で長野県上田にやってきた。



cr776.jpg
ここは私の敬愛する真田昌幸・幸村親子が、徳川の大軍を撃退した難攻不落の名城であるGood



cr778.jpg
以前も来たが、この城は規模的にはとても小さい。
しかし真田ファンにとっては聖地なのである。




cr777.jpg
城内には幸村が祀られている真田神社がある。
我が身の武運長久をお祈りした。わーい(嬉しい顔)





cr779.jpg
さらに車で近くのところに、海野宿(うんのじゅく)という古い宿場町が残っている所がある。




cr780.jpg
ここは小学校の林間学校で立ち寄り見学して、古い街並みに子供ながら感動したのを覚えている。
今回3回目の訪問だが、ここは私の「古い街並み」好きになった原点ともいえる場所である。




cr783.jpg
道の真ん中に水路が流れていて、両側には古い格子戸の家が立ち並んでいる。




cr788.jpg
家と家の間には「卯建(うだつ)」という防火の仕切り壁がある。
「うだつがあがらない」などという言葉の語源となっているとのこと。




cr781.jpg
なんと美しい格子戸の家であろうか。




cr782.jpg
実際に住まわれている方はどう思っているかわからないが、末永く保存していただきたい。




cr784.jpg
日本の美。芸術作品である。




cr785.jpg
実際こういう家に住んだことがなくても、懐かしい気持ちになるのは一体何故なのだろう。
日本人のDNAがそうさせるのだろうか。




cr786.jpg




cr787.jpg
何回来ても落ち着いていていい所だ。





cr789.jpg
すぐ近くには、千曲川が流れている。





cr790.jpg
近くの八重原温泉に立ち寄る。
浅間山や田園風景を見ながらのんびり入る露天風呂は気持ちがいい顔(笑)






cr791.jpg
6月に入り雨が多くなるけど、夏が近づくこの季節は好きだな。
ニックネーム cherry at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

寅さん一家集まる の巻

知り合いからチェリー用のちょっといい服をプレゼントしてもらった。
飼い主よりも高い服を着ているチェリー。俺はユニクロで我慢してるのにもうやだ〜(悲しい顔)
cr765.jpg



cr766.jpg
散歩するにはいい季節




cr767.jpg
この間チェリママは、忙しくてチェリーに朝ごはんをあげるのをすっかり忘れていたらしい(忘れるなよふらふら)。
悪いと思い、夜はドッグカフェに連れて行きハンバーグを食べさせたとの事。





cr768.jpg
こんな美味しいの初めて、という顔で平らげましたとさ犬(笑)






近所に仲間入りしたイタグレ2頭。
ミツオとヒロシという名前だって。
ピンときた方は、私と同じ「寅さん」ファンですね。
チェリーも、最初「さくら」と名付けようとしたが、
でもちょっと和風な名前はウィペットには合わないかな?と思い、桜はチェリーブロッサムだから「チェリー」にしたのだ。
ミツオくんもヒロシくんもイタグレにしては随分大きい。
cr769.jpg




cr770.jpg



cr771.jpg
目を丸くして固まる目




cr772.jpg
何もそんなに目を丸くしないでも・・・。





cr773.jpg
元気な男の子2頭にタジタジだった。






cr774.jpg
寅さん一家集合の図でした。Clap







話は変わって、最近面白いと思った漫画は、「テルマエ・ロマエ」。
阿部寛主演で映画化され、話題になっているのでご存知の方も多いだろう。
よくあるタイムスリップものなのだが、話がよく出来ていてなかなか楽しめる。
荒唐無稽になりがちだが、ストーリーや細部に妙にリアリティがあって面白いのだ。
チェリパパのような温泉好きで歴史好きなら、おすすめしたいいい気分(温泉)
cr775.jpg
しかしこの主人公、確かに実写化するなら阿部寛以外考えられない・・・Good
ニックネーム cherry at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

春の代々木公園ドッグラン

代々木公園のドッグランに来た。
cr756.jpg




代々木のドッグランは広いし清潔な感じだし、代々木公園自体気持ちの良い公園なので、犬連れで遊びに来るには良い所だね。
でもやっぱり都心だから駐車場代がかかるのと、小さい子供を連れて行っても、遊具も何もないのが難点。



cr757.jpg
サルーキ&ウィペット軍団に匂いを嗅がれる。
集中攻撃により、なすすべなしのチェリー。



cr758.jpg
かたまるチェリーあせあせ(飛び散る汗)




cr759.jpg
ようやく気が済んだらしく、無事解放されたようです。





cr760.jpg
ボルゾイにも匂いを嗅がれる。
自分より小さい子には強いくせに、大きい犬はちょっと怖いのです犬(泣)





cr761.jpg
ドッグランに行くと、サイトハウンド大集合になることがよくある。
やっぱりみんな、少しでも多く走らせてあげたいと思うからだね。




cr762.jpg
ホワイトタイガーっぽい薄いブリンドルのウィペット。なかなかカッコ良かったGood




cr763.jpg
うちの娘は公園に来たのに砂場や滑り台が無いので大いに不満だったようで、
結局この後違う公園に行き、今度は娘を遊ばせる。
その間チェリーはまったりとくつろぎ待っている犬(笑)





話は変わり、私用で浜松に行ったのだが、都合により用事が済んだらすぐ日帰り新幹線
せっかく浜松まで来たのに特に何を観るでもなし。
浜松と言えばうなぎ、なのでせめてと思い、帰りの新幹線でうなぎ弁当を買う。
cr764.jpg
味は・・・・ コメント無し(怒)バッド(下向き矢印)
当たり前だがうなぎは鰻屋さんで食べないと美味しくない顔(チラッ)

最近携帯ゲームで、「発見!ニッポン城めぐり」というのをやっていて、
自分の現在位置(GPS)で実際にある各地の城をとっていくものなのだが、
浜松遠征で多くの城をゲットできた事だけが、この日の収穫だったのであった・・・手(チョキ)




ニックネーム cherry at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

最新鋭ボーイング787に搭乗

翌日、世界遺産の、京都の下鴨神社を訪ねる。
出町柳駅から歩いていくと、
cr734.jpg
糺の森(ただすのもり)という古来からの原生林が境内にある。
夏なら、鬱蒼とした森らしい雰囲気だろうと思うが・・たらーっ(汗)



cr735.jpg
森を抜けると鳥居があった。




cr736.jpg
これが「さざれ石」。君が代にも歌われてるさざれ石だ目




cr737.jpg
立派な楼門を眺めるチェリパパ親子。




cr739.jpg
境内はなかなか落ち着いた良い雰囲気。




cr738.jpg





cr740.jpg
これは有名な尾形光琳の梅?
ちなみにこの脇にある池は御手洗(みたらし)池といって、あのみたらし団子発祥の地である。






cr742.jpg
下鴨神社から鴨川沿いに桜並木が有名との事で歩いてみるが、ここは全く開花しておらず・・・顔(チラッ)




cr743.jpg
京都府立植物園に着くと、ここは桜が綺麗に咲いていた顔(笑)




この日はチェリパパのみ、一足先に東京に帰る。
伊丹空港から乗るのは、話題の最新鋭飛行機、全日空のボーイング787だ。
cr744.jpg
タマゴみたいにツルンとした前面が特徴的な787。
もちろん、飛行機好きの私は787に乗りたいためこの便を予約。
この787用の塗装、かっこいいからANAの次期正式塗装にすればいいのに。






cr745.jpg
機内に入ると、話題になった虹色のLED照明。かなりインパクトがあった。



cr746.jpg
従来の飛行機の窓よりかなり大きくなったというこの窓。
確かに縦方向がかなり広がったという印象。



cr747.jpg
787のかっこいいのは翼。かなり長くて上に向かって微妙に反っている。
美しいラインです顔(メロメロ)




cr748.jpg
これが話題の電子カーテン。
手動のシェードに代わり、ボタン一つでガラスが黒くなるというやつ。
試してみたが、かなりゆっくりだが黒っぽくというか青っぽくなっていく。
一番暗くしても景色はちゃんと見えるのだが、光線は通さなくなる。
そのうちどの飛行機にも装備されていくんだろうな。





cr749.jpg
エコノミーでも座席にはモニターがついている。
ドリンクホルダーは、テーブルを倒さないでも使えるようになっており、これは感心した。



エンジン音が静かになったということだが、席がエンジンに近かったこともあり、それほどは体感できなかった。
また、機内の湿度をアップし、乾燥がだいぶ改善されたとの事だが、
これも短時間のフライトなのであまり感じられなかったかな。



cr750.jpg
また是非乗ってみたいGood




cr751.jpg
家に着くと、チェリーが出迎えてくれるかなと思いきや、布団で爆睡していたふらふら




cr752.jpg
「久しぶり。でも眠いんですけど。犬





cr753.jpg
ところでうちの近所でも桜が満開になった。




cr754.jpg
チェリーを連れてお花見に行くと、小さい子に大人気だった。
得意げなこの表情犬(笑)
小さい子にとっては「花より犬」なのかな。




cr755.jpg
イタグレのニコ&マイケルくん洒落た服を着て登場。また遊んでねHello

ニックネーム cherry at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

年2回の京都御所一般公開

翌日は、家族で京都御所に出掛けた。
京都御所は、春と秋に内部の一般公開日が設けられており、今回の旅がちょうどその時期に当たったので良かった。




cr721.jpg
いつ来ても御所の雰囲気はいい。
掃き清められた玉砂利が敷き詰められた広大な空間が、我々日本人の心を浄化してくれるようだ。





cr722.jpg
入り口では皇宮警察のシェパードが警備中。犬(怒)




cr723.jpg
内部には多くの建物があり、ここはメインの紫宸殿。




cr724.jpg
有名な左近の桜と右近の橘がある。
しかし桜は全く開花しておらず、橘も寒さで枯れないようにムシロで完全に覆われていた・・・。






cr725.jpg


cr726.jpg
年数日のみの公開日とあって多くの人が訪れていた。入場は無料。




cr727.jpg
ただ残念ながら建物内に入ることはできない。





cr728.jpg





cr729.jpg




cr730.jpg




cr731.jpg
今は天皇家は江戸城(皇居)で生活されていらっしゃるけど、
江戸時代までは、この京都の町なかで、市街地と壁ひとつのみで隔てられたこの空間で、
どちらかというと質素な建物で暮らしておられたのである。

ちなみに、明治維新で天皇が東京に行幸(お出掛け)した際に、その後京都に戻らないまま150年が過ぎている、
というのが実際のところなのである。
京都から東京に遷都した、という公式な記録はない。
天皇陛下がもしまたこの京都御所に戻られると、日本の首都はまた京都になるというわけである。
我が国においては、皇室所在地が首都なので・・・。





cr732.jpg
たくさんのお土産屋さんが出ていて、菊の御紋グッズなど色々売られていた。
そんな簡単に使用して良いのかな??と少し不思議に思う。





cr733.jpg
御所内の桜は綺麗に咲いていた。外人観光客も喜んで撮影していた桜




やはり何度来ても京都はいいなあと思う。Good



まだ続くたらーっ(汗)
ニックネーム cherry at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

暴風雨の中、安土山登頂

翌日は、家族で近江八幡を散策したり水郷巡りの舟に乗る予定だったが、あいにくの雨で、
チェリママたちは家にいると言うので、私一人で出掛けることにした。


近江八幡から予定を変更、前から行きたかった安土城を目指す。
高槻から電車で1時間くらいで到着。



cr687.jpg
のどかな田園地帯の中に小高い山がある。そこが織田信長の居城、安土城跡だ。



cr688.jpg
雨と強風の悪天候で、人影なし・・雨
この悪条件の中、幻の名城跡、安土山の頂上を目指すのだ。
チェリパパのロンリーバトルが始まった手(グー)





cr689.jpg
城の入り口付近。石垣の参道が、深い山の中に向かって延びているこの雰囲気。
城好きにはたまらない風景顔(メロメロ)




cr690.jpg
城の入り口付近。羽柴(豊臣)秀吉邸跡がある。




cr691.jpg

cr694.jpg
ただ苔むした石垣だけが、兵どもの夢の跡を後世に伝えているのであった。





cr692.jpg
羽柴邸の向かいに、前田利家邸跡。
城の入り口を守るかのように、重臣2名が屋敷を構えていた。




cr693.jpg
山を切り開き一直線に伸びる石垣の道は、そのまま戦国時代へと続いているかのような幻想的な錯覚におちいりそうだ。






cr695.jpg
階段の石垣には、このような石仏が掘られたものも多く使われていた。
こんな踏む場所にこういう物を使うとは、神仏をも畏れぬ信長らしい城づくり?と言えるのだろうか。





cr696.jpg

数百年もの間人の手の入っていない原生林となっている安土城。
雨と風の中、一人で深い歴史の中へと分け入っていく感覚が、身震いを禁じ得ない。




cr697.jpg
400年以上にわたって封印されている歴史の舞台。 今そこにいる感激。





cr698.jpg
この巨石を、こんな山深いところまでよく運んできたものだ。






cr699.jpg
まるでインカやマヤの遺跡のようだ。 時空を超えたかのような不思議な感覚におそわれる。






cr700.jpg
石仏の足跡を掘った不思議な石垣があった。
何とも言えぬこのゾクッとするミステリアスな感覚は一体何であろうか・・。





cr701.jpg
二の丸跡に出る。
鬱蒼と茂った木々の向こうに、信長墓所がある。
轟々と容赦無く吹き付ける風に、木々の枝がざわざわと大きく揺れる。
この歴史の大舞台たる安土山に立っているのは、私一人のみ。
緊張と孤独感と感激で、足が震える。





cr702.jpg
天下統一目前で、この世を去った織田信長。






cr703.jpg
本丸跡に出る。
今は何もなくても感じることはできる。かつての栄華を誇った名城の面影を。









cr704.jpg
天守閣入り口跡。
向こうから、甲冑姿の武士がやってきそうな雰囲気。





cr707.jpg
ついに来た、天守閣跡。
普通天守閣の石垣は上から見ると四角形だが、安土城は摩訶不思議な八角形。
430年前、ヨーロッパの宣教師たちも驚嘆した、美しい豪壮な天守がそびえたっていたのだ。




cr708.jpg
石垣の上から望む。暴風雨のため景色はあまりよく見えない雨
自分も飛ばされないよう、気をつけて撮影たらーっ(汗)





cr705.jpg
天守台は、上半分が崩落し、人の手が入らないまま、ゆっくりと自然の中に還っているかのようだった。




山からの下り道の途中、総見寺という寺が中腹に立っていた。
あまり予備知識なく見たので、いきなり山の中にあらわれたものすごく古い三重塔に、度肝を抜かれたがく〜(落胆した顔)

cr706.jpg
調べると、安土城築城当時からここは残っているとのこと。
とにかく、見るからにとてつもなく古い。
突然目の前に現れたこの塔を前にして、金縛りにでもあったかのような感覚に襲われた目





cr711.jpg
もしかしたら、安土城最大の見どころはここなのかもしれない。
この、重苦しいほどの歴史のオーラに、しばらく動けなかった。





cr712.jpg
ここからは琵琶湖を一望できた。
この風景を見て、ふっと我に返ることが出来た、と言ってもよい。




cr709.jpg
三重塔の下に、山門が見えた。
ふと雨が止み、陽の光がパアッと山門の屋根瓦を照らした。
この時の宇宙的な幻想的な美しい風景は深く心に刻まれた。

山門には仁王像が両側に立っていたのだが、あまりの恐ろしい形相に、写真を撮るのもためらうほどであった・・。




石垣のみの城跡でも、これほど深い感動を与えてくれる城は、そうはないだろう。
多少なりとも城や歴史に興味ある方は、是非行かれることをおすすめしたい城だった。




cr710.jpg

cr713.jpg
安土城近くには、「信長の館」という施設があって、安土城天守閣を復元したものがある。
一応さらっと見学。






雨風が強かったこの日は、安土城のみで帰る予定であったが、何となく雨足も弱まってきたので、欲を出してしまう。
安土のすぐ近くに「五個荘」という、古い街並みが有名な町がある。
そこも是非行ってみたいと昔から思っていたのだが、思い切って今日行ってしまおう!とタクシーに乗り込んだ。







cr714.jpg
五個荘に到着。近江商人の街だ。

cr715.jpg

cr716.jpg
屋敷の中を見学できる。



cr717.jpg

cr718.jpg

cr719.jpg




cr720.jpg
この写真を撮った直後、突然ものすごい突風とともに、天から恐ろしいものが降ってきた。


ヒョウであるがく〜(落胆した顔)

とにかくいきなりの攻撃で、こちらはなすすべもなしあせあせ(飛び散る汗)
立っていられないほどの強風で、ヒョウが顔に当たって痛い顔(なに〜)
これは相当ヤバいと思い、すぐにまた先ほど見た商人屋敷に飛び込むダッシュ(走り出すさま)

びしょ濡れになったため、さすがにこれはすぐに撤収しようと思い、タクシーを呼んでもらう。
どうにか近くの能登川駅まで行ったものの、JRは止まっていた・・。
そこから電車の復旧を待って、ようやく高槻へ帰宅・・・。




最後の最後に、なんとも強烈な思い出となったこの日であった・・・たらーっ(汗)
ニックネーム cherry at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

ピーチに乗ってみた

この日、大阪にいるチェリママに合流するため出発したチェリパパは、何故か長崎行の飛行機に乗っていた飛行機
一体何故であろうか。 飛行機を乗り間違えたのであろうか??
cr658.jpg





先頃、格安航空会社のピーチがデビューし、大阪から長崎まで4,000円台で行けると話題になっているが、
ならばソラシドエアの早割9,000円台で羽田から長崎に行き、そこからピーチで大阪に行けば、
東京から大阪までの新幹線代と同じくらいだぞ、飛行機に2度も乗れて、おまけに九州にも行けるんだから、
これは利用しない手はない!ということでひらめいたわけであるひらめき





cr659.jpg
長崎空港からJRで諫早まで行き、そこからローカル私鉄の島原鉄道で島原に向かう。
有明海沿いを、1両のディーゼルカーがのんびり走る虹





cr660.jpg
城みたいな島原駅に到着。
ここから島原城まではすぐだ。




cr661.jpg
島原城はなかなか立派な城構えで、石垣も高く美しい。
お堀端の桜は、4月2日時点で満開だった桜


cr662.jpg

cr663.jpg

cr664.jpg





cr666.jpg
天守閣は残念ながら戦後の再建。内部はキリシタン関連の展示が興味深かった。
驚いたのは天守閣の目の前が駐車場になっていたこと。興ざめとはこのことだ。
城はやはり、石垣の曲がりくねった道を天守閣まで登っていくのがいいのであって、
車でスイスイと天守閣まで横付けできる城に一体どんな情緒があるというのだろうか。
石垣や堀の外観の風景はなかなか良いのに、天守閣付近はガッカリ度が高めの城であるといえよう・・・。顔(チラッ)





cr667.jpg
天守閣の前に土産物屋があり、そこで島原名物の寒ざらしを食べる。
水飴みたいなシロップの中に丸いお団子が入っている素朴なもので美味しかった。





島原城から武家屋敷街まで歩く。

cr668.jpg
武家屋敷通りには真ん中に水路が通っており、両側は石垣に囲まれている。



cr673.jpg




cr674.jpg
前に行った知覧の武家屋敷にも近い雰囲気で、九州の武家屋敷は大体こういう感じなのだろうか。





cr669.jpg
武家屋敷内に入ると、ろう人形が生活していた。いきなり見るとちょっとびっくりする。がく〜(落胆した顔)




cr670.jpg
「人のうちに勝手に入るでない!ちっ(怒った顔)」と睨まれている感じで、何となく退散する。




cr672.jpg
この女の子なども、もうちょっと可愛く作ったらいいのに。
小さい子が見たらおそらく怖がるであろう。ひょっとしたらそういう効果を狙っているのか?顔(汗)



cr671.jpg
透かしの彫刻が美しい。





cr675.jpg
島原の街には水路があり、そこには鯉が泳いでいた。


cr676.jpg
そういえば知覧にも黒くて大きな鯉が水路にいたが、島原のは派手な錦鯉だった。魚






時間を気にしつつ立ち寄り温泉で一風呂浴びて、また島原鉄道で空港に向かう。慌ただしいね。




長崎空港からはいよいよピーチに乗る。
最近格安航空会社(LCC)が何かと話題だ。
ピーチはインターネットで予約し、日にちや便により値段が違う。
さらに座席指定や荷物を預けるのも有料。もちろん機内サービスは有料。
cr678.jpg
長崎空港にピーチが到着すると、みんな注目し、写真を撮る人が大勢いた。
春休みで子供が多かったが、みんな「ピーチだピーチだ」「わーかわいい色ー」とおおはしゃぎになっていた。
結構世間から注目されているようである。




さて機内に入ると、
cr679.jpg
当然のことながらやはり座席は狭い。



cr680.jpg
座るとこんな感じで、ひざが完全に前に付いてしまう。
1時間くらいのフライトならどうってことないけど、
これで3時間とか4時間乗れと言われると、チェリパパ的にはちょっといやかな〜と思ってしまうかもしれない。


cr681.jpg
機内もコーポレートカラーに装飾され、キャビンアテンダントも洒落た制服で、
そういう部分は手を抜かないところに、イメージ戦略を感じる。
しかし、可愛らしい独特の機体の塗装、ピーチという変わったネーミング、
格安でも洒落た綺麗な室内と、空の旅を演出するキャビンアテンダント、
という売り方は、日本のLCCとして、間違ってはいないかもしれない。
キャビンアテンダントは、JALやANAはやっぱりいかにも「スチュワーデスexclamationブティック
という感じのプロフェッショナルな雰囲気の方が多いが、
ピーチは何というか、年齢も若い感じで、まだ慣れない感じがどことなく親しみを感じさせて
これはこれでまた良いのではないだろうか顔(メロメロ)



面白かったのは、季節の機内食とやらを通常700円ですが特別420円ですがいかがですか、と一生懸命売り込んでいた。
スーパーの在庫一掃セールと同じだね。



cr682.jpg
無事関西国際空港に到着。
ボーディングブリッジ使用料を節約するため、タラップで降りる。
そのあとバスでターミナルまで。
チェリパパみたいな飛行機好きにとっては、ボーディングブリッジは味気ないので、
むしろ沖止めしてもらってタラップとバスなんていうと、
もうそれだけで今日は得したと思ってしまう・・。



バスに乗りターミナルまで着いたのだが、そこは何故か空港の敷地を出たターミナルビルの外側で、
乗客の荷物はそこの路上にバラバラと置かれていて、どうぞこっから自分の荷物をとってって下さいとの事。
これにはちょっと笑ってしまった。





関空から南海の特急ラピートに乗る。これは前から乗ってみたかった列車で、
cr683.jpg
この摩訶不思議なデザイン、かっこいいんだか悪いんだか意味不明なロボットみたいな顔。
設計した人は天才的造形センスの持ち主である。




cr684.jpg
航空機みたいな側面。



cr685.jpg
難波まで向かい、夕食を食べたのち、無事チェリママの実家に到着したのであった。手(パー)





cr686.jpg
ま〜だまだ続く。
ニックネーム cherry at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

風林火山

今度は、チェリパパは一体どこの城に出没したのでしょーか?虹
cr638.jpg








チェリママたちが大阪に里帰りしたので、チェリパパはまた一人でぶらり旅を思いついたのである。
ところで、独り旅が好きな私は、別に友達がいないわけではない。
平日休みなので、なかなか友人と時間的都合が合わないこともあり・・・(汗)。



やってきたのは山梨の甲府。
甲府城は石垣だけが残る城で、武田が滅んだあと徳川が造った城。
cr639.jpg




cr640.jpg
石垣好きの私は、天守閣が無い城でもそれなりに楽しめるのだ。目




cr641.jpg




cr642.jpg
やわらかな春の日差しにさそわれて、猫もお散歩。猫(笑)





cr643.jpg
天守台跡に登ると、甲府市街と遠くに富士山が綺麗に見えた。







次は武田神社に向かう。
ここは武田信玄が居城とした躑躅ヶ崎の館跡に建てられた神社だ。
cr644.jpg




cr645.jpg
神社自体はこじんまりしている。
戦国最強の武田信玄は、豪華な城を建てるのを好まず、このような小さな敷地に質素な館を建て暮らしていたのだ。




cr648.jpg






cr646.jpg
宝物館の入り口。
どういうわけかキティちゃんが鎮座し迎えてくれた。ナンデ?がく〜(落胆した顔)

信玄公とキティ。これほどシュールな組み合わせはなかなか類を見ないであろう。





cr647.jpg
風林火山の旗が展示されていた。
この後行く恵林寺にもあったのだが、両方とも本物である。






次に行ったのは甲斐善光寺。
善光寺といえば長野だが、川中島の合戦の時、信玄が、戦火による焼失をおそれて甲府にも善光寺を建て宝物を移したとの事。
かなり立派な本堂である。
cr649.jpg





cr650.jpg
東日本では最大級の木造建築らしい。




cr651.jpg







さらに車を走らせ、塩山にある恵林寺(えりんじ)に到着。
cr652.jpg
武田信玄の菩提寺で、本物の風林火山の旗の展示もあった。





cr653.jpg
武田信玄の墓所。





cr654.jpg

cr655.jpg
墓所のあたりは鬱蒼とした古い巨木に囲まれ、神聖な空気が支配していた。






最後に立ち寄ったのは、「ほったらかし温泉」いい気分(温泉)
ここは前から行ってみたかった場所で、今回のメイン。
温泉好きにはすごく有名で、富士山と甲府盆地を見下ろす開放的な露天風呂だ。
「あっちの湯」と「こっちの湯」二つあるのだが、眺望が良いと評判の「あっちの湯」のみに今回入った。
噂にたがわず、景色は本当に素晴らしかった。

湯船は広く、二段になっており、下段は広くてややぬるめ、上段の方がややせまく熱め。
お湯自体は、あまり温泉ぽくなくて、泉質にこだわる方はがっかりするのかもしれない。
が、何といってもここはこの絶景が売りである。

cr656.jpg

夜景もすごく綺麗らしく、またいつか来てみたい。

(道がわかりづらいのでやや注意が必要。カーナビは違うところを指していたし・・・カーナビを簡単に信用してはいけません顔(チラッ)
cr657.jpg
ニックネーム cherry at 22:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

城南島ドッグランデビュー

前から行きたいと思いつつ一度も行ったことがなかった城南島ドッグランに初見参。



cr630.jpg
城南島ドッグランはなかなかの広さがあり、下は土と芝生で走りやすそうなランだ。

この日はサルーキやイタグレなどサイトハウンド大集合だった。
娘も行ったのだが、大きい犬たちが走り回っているので、やや怯えていた。
顔(汗)




cr633.jpg

連続ボール投げで走りまくる。ダッシュ(走り出すさま)




cr632.jpg

最近は体力がないのか、すぐバテてくる。
5歳になり、以前よりずいぶん元気がなくなったという印象がある。
犬で5歳は、人間でいうと36歳くらいらしいので、まあ年とって落ち着いてきた、ということなのかな?





cr634.jpg
柴犬ちゃんと仲良しに。犬(笑)犬(笑)


cr635.jpg


城南島ドッグランは広くて障害物がないので走りやすいから、サイトハウンド向け。Good
また行こうと思う。




城南島は、この通り轟音と共に離着陸する飛行機を真下から見物できるのも良いところの一つ。飛行機

cr636.jpg






cr637.jpg
ひときわ大きい機影を見ると、エンジンが4発。
チェリパパにとっては最も馴染み深い機種がこのジャンボことボーイング747だが、
いまや最新鋭の2発の機体に次々と代わり、あの日本の空を席捲したジャンボも、もう全機退役間近らしい。
時代の移り変わりを感じるねえ。顔(チラッ)
ニックネーム cherry at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする