2014年08月20日

日本最古の天守閣を訪ねて

チェリパパの青春18きっぷ日帰り一人旅は、回を追う毎にエスカレートし、
今回は犬山&岐阜まで行ってきた。
東海道線を延々と、うちから7時間かけて、犬山駅に到着〜。
遠かった〜。電車
image.jpg


もう昼なので腹ごしらえ。
愛知に来たらやっぱ味噌カツ丼かな。
image.jpg


犬山市街は昔からの街並みが残り城下町の風情あるいい街だ。
image.jpg

image.jpg
見学できる家もある

image.jpg

image.jpg
古い家は普通に商店として営業している。

image.jpg

image.jpg

image.jpg
山の上に犬山城が見えてきた。

image.jpg
赤い鳥居をくぐり

image.jpg
石垣の山道を登って行く。城らしくて良い。

image.jpg
日本最古の天守閣を持つ犬山城。
チェリパパは子供の時来た事があるので二回目。

image.jpg
入り口で靴を脱いであがる。

image.jpg
何しろ古い城なので中も見所満載。石落としの間なんてのもある。

image.jpg

image.jpg
武者かくしの間

image.jpg

image.jpg
武具の間

image.jpg
最上階に到着〜。木曽川の雄大な景色に圧倒される。

image.jpg
ちょっと水が濁ってるけどね。

さて犬山城最大の見どころ?は、最上階のデッキ?(展望台)。
何が怖いって、外側に向かって傾いてるんだよ!がく〜(落胆した顔)
ただでさえ築400年の木造建築なのに、さらに恐怖の傾斜デッキ!
ここは高所恐怖症のチェリパパにとって、血の気が引く最恐スポットなのだたらーっ(汗)
image.jpg
おい、本当に崩れないだろうな?バキッとかならないだろうな?顔(汗)

image.jpg
安全を守るための手すりに危険とか書いてあるし。うひゃ〜。顔(なに〜)

image.jpg
おそるおそる一周する。
子供の頃来た時も足がすくんだ記憶が蘇ってきたがく〜(落胆した顔)

さて犬山城第二の見どころは、急な階段。
大体古い城は昔ながらのハシゴみたいな階段だが、この犬山城のもスゴイ。
image.jpg
降りる時も足を踏み外さないようゆっくりと。
しかも頭上もよくみてないとぶつけてしまうという難易度の高さ。

image.jpg
ちなみに横からみるとこう。
女の子は、ミニスカートとかできちゃダメですよ、これは。

image.jpg
小さいながらも本物に触れられる素晴らしい城。

image.jpg
川沿いを犬山遊園駅まで歩く。
振り返ると山の上に天守閣が見えた。


犬山遊園駅から名鉄で岐阜駅まで。


岐阜到着〜。
金華山山頂には
image.jpg
見えた、織田信長の居城だった岐阜城。
昔行った事あるし、今回は下から眺めるだけ。


岐阜の長良川沿いに、川原町という古い街並みが残る一角がある。
image.jpg
ちゃんと自販機も茶色く塗って目立たないようカモフラージュしてあるね。

image.jpg
昔の家の格子戸って本当綺麗だよな。

image.jpg
岐阜市は観光の町なのか、結構観光客が目立った。

image.jpg

image.jpg
この街電線が無いでしょう。
こういう美意識を持ち続けていつまでも大切に保存して欲しい。

さてどうにも暑いので一風呂浴びよう。
image.jpg
十八楼という岐阜の老舗高級旅館で日帰り入浴。
外観は古い建築だが、内装やお風呂は改装されていて、かなり綺麗だ。
従業員の方も丁寧だし、風呂は4種類あり、川を目の前にのぞむ雄大な景色で、とても良かった。
これで1000円だから満足度高かった。Good


image.jpg
じゃあな、信長。Hello


前にも書いたが、18きっぷの旅は、行きはいいけど帰りがつらい。
旅が終わってまた7時間鈍行に揺られるのは、疲れるわ景色は夜だから見れないわで、飽きる。ふらふら


そんな苦痛も含め楽しめる、旅上級者の?チェリパパであった。電車

ニックネーム cherry at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3679672

この記事へのトラックバック