2014年09月16日

チェリパパ一家 南へ 後編

3日目は、ウミガメと泳げる阿真ビーチを目指す。
朝早い方がウミガメがよく見れるとのことで、元気に歩いて出発。

DSC_0078.JPG
唐突に海沿いの道端に犬の像がある犬
映画「マリリンに逢いたい」で有名になったマリリンの像とのこと。


DSC_0079.JPG
対岸から泳いでくるシロを待っている像らしい。チェリパパは映画を見ていないからよくわからん。



しばらく歩き、ようやく阿真ビーチ到着。
本日残念ながら曇り。
DSC_0084.JPG
う〜む、風景的には古座間味ビーチの方が綺麗だな。
曇ってたせいもあると思うが、あれ?ここ瀬戸内海の島?という感じの景色サーチ(調べる)
瀬戸内海と違うのは、透明な青い海。


ここ阿真ビーチは誰でもウミガメが間近で見れるのだ。
シュノーケルセットをレンタルして泳いでみる。カメ

ところが海は広いので、そうそう簡単には亀と遭遇できない(←当たり前だろ)
亀を見つける方法は3つ。
1つは、亀は10分とか15分おきに必ず息継ぎで水面に顔を出しに来る。それを発見するために水面を注意してみていれば場所がわかる。
2つ目は、人に聞く! みんな亀を見に来ている人ばかりなので、亀のいた所を教えあっていた。
3つ目は、人が群がっているところに行く!
何人か集まって海中を見ていたら、そこはほぼ間違いなく亀さんがいらっしゃるだろう。

最初チェリパパはなかなか亀を発見できなかった。
息継ぎであがってきた亀を遠くに発見したのでその場所まで泳いでいくと...。

DSC_0103.JPG
いた!いきなり自分の真下にデカいの発見!カメ
正直、いきなり目の前に大きな亀が現れると、怖さを感じたよ。がく〜(落胆した顔)
海の中のデカい生き物って何かちょっと怖いじゃん。
この突然にすぐ近くに遭遇した時の何とも言えない緊張感、ドキドキ感は忘れられないぞ目



さらに違うところにも発見。
DSC_0106.JPG
海底の草みたいのを一生懸命かじっていた。
人間がかなり近づいても逃げない。
しかし触ったり驚かしたりするのはご法度だ。


DSC_0108.JPG
気持ちよさそうにゆったり悠然と泳ぐ亀をかなり長い時間見れた。
娘も喜んだし、あ〜座間味までわざわざ来て良かったなあと思った。わーい(嬉しい顔)


午後はチェリママと娘はまた前日のシュノーケルツアーに参加したいというので、二人で行ってもらい、チェリパパはのんびりビーチでくつろぐことにした。

DSC_0115.JPG
前日来てすっかり気に入った古座間味ビーチ。
海風に当たりながら散歩したり寝転んだりして過ごしたリゾート


DSC_0117.JPG
青い海と白い砂浜を眺めながらブルーハワイを食す。
実に贅沢なかき氷だな。Good




最終日4日目は高速船に乗り那覇に戻る。
飛行機までの空き時間に、牧志の公設市場に行く。
ここはだいぶ昔チェリパパが沖縄に来た時一番面白かったところだから家族を連れていきたかった。
DSC_0119.JPG
繁華街国際通りから、ちょっとディープな感じの商店街を通り抜けていくと、市場に着く。


DSC_0122.JPG
何とも言えない色合いのお魚さんたちが並ぶ。
東京ではありえない光景目

DSC_0121.JPG
エビとかカニは普通に生きてるし。


DSC_0123.JPG
...やっぱし沖縄の人はこいつら見て「美味しそうだな」と思うんでしょうね。そらそうでしょうね。がく〜(落胆した顔)


DSC_0124.JPG
那覇に行ったらこの公設市場見物は外せませんな。


DSC_0125.JPG
市場の二階は食堂がズラリと並び、ここで食べるのが楽しい。
アジアの屋台の雰囲気だ。
ラフティーも沖縄そばも美味しかった。
DSC_0126.JPG


DSC_0127.JPG
市場を出て歩くとサトウキビを剥いてジュースにしている店があった。私と娘の分も買うと、娘はあんまり好きじゃないとかいうから二杯飲むはめになった。顔(チラッ)
でも自然な感じで甘くて美味しかった。


そんな感じで楽しく遊んで、また東京に戻ってきた。
飛行機



DSC_0129.JPG
ほ〜
私の誕生日の時の写真は2枚で、沖縄の旅は32枚。。。犬
ふ〜ん...。
犬

ニックネーム cherry at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

チェリパパ一家 南へ 前編

夏も終わろうという頃、チェリパパ一家は、南の方に向けて出発した飛行機
おじいちゃま、留守の間チェリーをよろしく〜Hello
DSC_0007.JPG
2時間半の空の旅で、那覇空港到着〜虹




DSC_0008.JPG
那覇空港からモノレールで出発。


終点首里駅から徒歩10分ほどで、沖縄の古民家をレストランにした「あしびうなあ」という店に到着。
すごい人気店で、予約しといて良かったな。
DSC_0009.JPG
テラス席がいい感じ。


DSC_0010.JPG



DSC_0015.JPG
ソーキそば定食美味しかった。

しかーし、この日は飛行機が遅れたりして、時間的にかなりキツいスケジュールとなった。
なかなか運ばれて来ず焦るチェリパパ顔(汗)
あわてて食べて、またモノレールに乗り、那覇の泊港を目指すあせあせ(飛び散る汗)
本当はゆっくり周辺の散策もするつもりだったのだが…顔(チラッ)



泊港から、慶良間諸島の座間味行きの高速船に乗る。
この高速船。本当に高速で水しぶきをあげながらガンガン飛ばしていく船
1時間10分にかけて、座間味港到着。



DSC_0027.JPG
はるばる遠くへ来たもんだ晴れ


DSC_0028.JPG
3泊したシラハマアイランズリゾート。
ペンション風ホテル?素朴な島の宿。



2日目、海初心者のチェリパパ一家は、とりあえずインストラクター付きのシュノーケル体験ツアーに参加することにした。

シュノーケル初体験で泳ぎが苦手なチェリパパは最初ちょっとビビったが、すぐに慣れた。
座間味の美しい珊瑚や魚、それにウミガメも見れた。
娘も徐々に慣れて、海の風景を楽しんでいたので良かった。
しかし、チェリパパやはり海は苦手なので、若干船酔い気味でフラフラしていたが、何とか気合いで乗りきった…。
そんなわけで、写真何もなーし!顔(え〜ん)


シュノーケル体験は午前中までで、午後は家族で古座間味ビーチに行く。


DSC_0041.JPG

古座間味ビーチは座間味の中心的ビーチで美しい風景と珊瑚が見れる。


DSC_0039.JPG
黒っぽく見える部分が珊瑚礁で、魚がたくさんいる。



DSC_0038.JPG
海は透明で本当に綺麗。



DSC_0057.JPG
今度は自分達だけでシュノーケリング。
いるいるこんな浅瀬なのに魚が泳いでるよ。


DSC_0060.JPG
水族館の中に入り込んだような気持ち。


DSC_0062.JPG
ふわふわと波に揺らめきながら珊瑚と魚たちを見ていると、別世界に行ったような何とも言えない気分になる。


DSC_0074.JPG
これらの写真、携帯用の防水カバーに入れて撮ったもの。
簡易的なものだが何とか写ってくれて良かった。



DSC_0075.JPG
古座間味ビーチでたっぷり遊び、2日目終了わーい(嬉しい顔)


後編へ続く手(チョキ)
ニックネーム cherry at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする